新着Pick

ジュリアン・ロバートソン氏、アルケゴスのフアン氏について語る

Bloomberg.com
伝説的なヘッジファンド運用者、ジュリアン・ロバートソン氏が、愛弟子であるビル・フアン氏についてインタビューに応じた。フアン氏はタイガー・マネジメントを離れ、ロバートソン氏の支援を受けて自身のファンドを創設した「タイガーカブ(子トラ)」の1人。同氏のファミリーオフィス、アルケゴス・キャピタル・マネジメント関連の巨額ポジション解消が市場を揺るがせている。
27Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
下記の英語原文と併せて。
アルケゴスのフアン氏は、ITバブルでファンドを閉鎖したTiger Managementで働いていて、その創始者がジュリアン・ロバートソン。ファンド閉鎖後は働いていた人が独立して、そこに資金を投じていて、Tiger Cubsと呼ばれている。その文脈で、フアン氏はTiger Asia Managementをスタートし、他にはスタートアップの大型投資で知られるTiger Global Managementなどもある。
英語記事も見ると、数か月前にも会っており、今回の一件を受けてボイスメッセージを残したとのこと。そして、下記のように答えている。
MA: Would you invest in him again?
JR: Yeah.
MA: Why?
JR: Because he’s a good investor. And he’ll learn from this. We’re always learning.

https://bloom.bg/39rSvg1
それは“ムラ社会”の論理であって、世間一般にはまったく受け入れられないでしょうね。