新着Pick
369Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
トリッシュはこの領域の第一人者であり、カウフマンズ・フェローズ・プログラム(https://www.kauffmanfellows.org/)という世界最大の次世代ベンチャー・キャピタリスト育成機関で長年要職を務めてきました。

彼女の取り組みはここ数年のブームに乗ったものではなく、これまでの女性のエンパワーメントへの強い思いや、カウフマンズ・フェローズ・プログラムでの長年のスタートアップ業界での多様性の推進に関する様々な取り組みの結果と言えるでしょう。
「自分たちが知らない分野に投資しない」のはウォーレン・バフェットがインターネットに投資しなかった(最初は責められ、バブル崩壊後にさすがといわれた)理由でもあり、説得力があります。だからこそビジネスチャンスもあるでしょうし、指摘されているように企業の福利厚生のマーケットは日本でも大きいと思います。すぐにではないかもしれませんがESGの次のトレンドになってもおかしくない。
育ってきた環境・文化、受けてきた教育などによって見える世界、痛みは違うのだとコステロ氏の話を聞いて改めて感じました。

「痛みや、問題が感覚的にわからない」、だからペインポイントを解決するための会社にお金が流れない。これは女性だけでなく、例えばアフリカ系アメリカ人、ヒスパニックの人たちも同じです。

「はだいろ」と聞いて私たちの大多数が思い浮かべるものと、黒人、ヒスパニックの人たちの思い浮かべる「はだいろ」は違います。

だからコスメで見れば「はだいろのファウンデーション」を作る時に一色ではなく、様ざまな色が必要になります。

2017年に歌手のリアーナが化粧品を発表しました。最速で売れたのは、「色の濃いファウンデーション」でした。黒人の女性は長年「コスメ業界のマイノリティ」でしたが、彼女たちがパワフルな消費者であるということが証明された事例でした。

自分のバイアスをとり払えば、新しい市場が見える。この事例も、まさにそのことを教えてくれます。
エージングケアはフェムテックの主要なテーマですが、ジェンダーに関係なく重要です。フェムテックからスタートした商品やサービスが、男性用としても使えるようになるといいですね。そうすれば市場はもっと広がります。
『VCは、パターンマッチングのビジネスです。白人で男性の投資家が、自分とバックグラウンドが違うために見えない世界があるのです。
本当に強いディスラプティブマインド(破壊的な精神)を持っていないと、古いパターンから抜け出せなくなってしまう。』

VC問わず、ここに書いてある通り自分のバックグラウンドと異なるもの、原体験上通って来ていないルートの分野には、興味持とうにも大きなハードルがある。しかもそれは無意識下のバイアスとしても生じるので、気付く事すら出来ない。

一人一人が普段から感じる悩み事、自身の原体験からくるペインが大事なのであり、それぞれが自分事化して挑むしかない。だからこそ様々な分野の人が、起業家、投資家にならないといけない、という事がよくわかる。
理解して投資するVCが増えて良かったと思う一方、これだけ市場が大きい領域に大企業が参入しないのは何故なのでしょうか。
スタートアップの突破力は素晴らしいと思う一方、特にフェムテックの様な身体に関わる部分は信頼度が重要だと感じます。
その点で大企業はかなり有利なはず。
イノベーションはスタートアップからしか出てこない、まだそんな時代でもない気はしますが、VCがいなかったから成長しなかったは不思議な論調だと感じます。
フェムテック隆盛の裏側にある技術革新トレンドに絞ったリサーチしたい。
白人男性のカルチャーに馴染む・理解される分野に投資が集まる、という構造は非常に納得。この視点で色々な市場やサービスを見ると、可能性が拡がりそうだ。

これまで注目されてきた新興企業 ≒ 投資が集まっている企業 ≒ 白人男性のカルチャーに馴染んだ企業
となっている構造があったのかもしれない。

私たち個人はVCではないから、金銭リターンへの感度もVCほど高く持つ必要はない。とすると、必ずしも自分たちが知らない分野への注目・感度を下げる必要もなさそう。自分自身、知らず知らずのうちに視野を狭めているのかもしれない。

『VCの世界では、投資検討する企業が100社あるとして、1~2社にしか投資をしません。つまり、専門性のない分野を投資先として選ばない。金銭リターンの観点から見ても、自分たちが知らない分野に投資しないというのは、賢い決断だと言えます。』
トリッシュは当方がKFPに入ったタイミングまでマネージメントの1人でKFPの教育コンテンツに関してジェフティモンズと共に中核でサポートしていた方でした。(ジェフティモンズはアントレプレナーシップ教育の初期の基本的な枠組みを作った方として知られています)

ベンチャーキャピタリストとしてロールモデルであると同時に後進の教育、支援に対する多大な尽力で知られる業界の尊敬を集めている方です。彼女のような方が日本のビジネスパーソンに紹介されて大変嬉しく思います。
この連載について
世界中のテクノロジーが集まる米シリコンバレーでは、今なにが起きているのか。NewsPicks編集部とシリコンバレー支局が総力をあげて、動画コンテンツでレポートする。