新着Pick
140Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
時短営業に協力しないところに過料を課すと、夜間の飲食自粛、特に大人数はダメと言っているお膝元。非常に残念です。
人気 Picker
飲食店を経営している立場としては、人数が多くともディスタンスをとり、きちんと感染症対策をしていれば送別会をやってあげてもいいんじゃないのか?と思う自分がいるのが正直な所です。
ただ、規制を呼びかけている立場の厚生労働省職員であり、21時までの時短営業要請中の銀座で23時過ぎまでの酒席。真面目に時短営業要請を守っている立場の飲食店サイドから見たら面白くないのは正直な所です。
さらに、呼びかけに対して、市民への抑制効果も少なくなるのは致し方ないと思いますよ。
政府は、感染防止対策として長時間かつ5人以上の飲食を避けるよう呼びかけています。その最中の酒席。国民の我慢、飲食店の辛抱に、厚労省はどう応えるのでしょうか。
お願いする立場が自らルール違反したわけですから、これは言語道断です。弁解の余地はありません。ただ、厚労省の職員なら、そのことは重々承知しているはずです。それでもなお、ということは、厚労省でさえ長い自粛による「緩み」が深刻であり、他のところは推して知るべしだと受け止めるべきでしょう。時短のお願い、自粛のお願いだけに頼る無為無策では立ち行かなくなっていることを改めて認識すべきだと思います。積極的な攻めのPCR検査、下水を採取してのゲノム検査など新手の対策を打ち出し、それに刺激されて「緩み」がなくなるという好循環をつくることを考えるべきだと思います。
厚生官僚ご出身の尾身会長を戴く『政府の有識者会議「新型コロナウイルス感染症対策分科会」』が新型コロナウイルスの怖さを強烈に打ちだして国民に様々な活動自粛を訴え続けていますが、日本の死者はこれまでのところ9千人余りと季節性の風邪程度に留まって、高齢化に伴って毎年2万人ずつ増え続けていた年間死者数が昨年は活動抑止で逆に9千人ほど減ったのが“パンデミック”のこれまでの実態です。心底怖いウイルスだと厚労省が信じているなら、老健局とはいえ情報に通じているはずの同省の役人が23人も集まって深更まで酒食を共にする筈がないでしょう。実態を知る厚労省が本音のところで恐いと思っていないことが良く分かる出来事です。
実態を知る厚労省が本音のところで恐いウイルスだと思っていないとしたら、新型コロナウイルスの怖さを喧伝して自殺者が増えるほどの活動停止を求めて役所の存在感を誇示しながら、医師会を説得して医療体制を整えたり率先してワクチン確保に走ったりしない理由が良く分かる。あまりに辛辣な物言いだと反省はしますけど f^^; この手のことをやったらクビになりかねないほど厳しい規制を課す民間企業に勤める人たちや、自粛で廃業に追い込まれかねない経営者の方々は、そう言いたくなるほど怒っているんじゃないのかな (・・?
本気で怖いと思っていないなら『このようなことがないようにもう一度、気持ちを引き締め直してまいりたい』と厚労相が力んでも、面従腹背、馬耳東風に終わるかも。難儀なことですね・・・ (・・;
さみだれ式に集まり、最終的に23人なんですね。
結果的に夜中まで。

皆さん、きちんと仕事を片付けてから行くところは、国会開会中の霞ヶ関のしがらみもあるでしょう。

でも、よく23人も集まったなぁ…というのが本音の感想。
平時でもこの人数が集まるのは大変なくらい忙しいと思うのです。→この方がびっくりします

コロナに罹患していないことを祈ります。
罹患していたら、もっと大騒ぎに。
この時期に、何故、あえて深夜の集団会食なのか、それも官僚が、という問題は深刻な官僚組織の問題かもしれない。普通なら考えられないことなのだからだ。

よっぽど人間の質が劣化している集団になっているのか、誰かの発案だから皆従わざるを得ないような組織になっているのか、よほどのストレスに会食を抑えきれないのか、いずれにしても官僚の矜持を感じない問題だ。

接待問題や作成の一連のミス多発の問題と根が同じなら、官僚組織の抜本的な改革が必要になるだろう。
全員コロナ対策をしていたとか、家族ではないが家族より長い時間を過ごしているとか、23人がいっときに一か所に集まったわけではないとか、いろいろ言いたいことはあるだろう。ただ、こうして取り上げられ、大臣に謝罪させ、コロナ対策の要請に効力を失ってというリスクを想像すべきだった。もっとも、もはや単なる要請は効かなくなってしまったと言えば確かにそうかもしれない。昨年から言っていたが、食中毒と同じくコロナ発生させたときのペナルティを導入しないとなんともならないと思う。悪いのは飲食店だけでないのは承知の上で。
厚労相にとっての「論外」が、厚労省職員23人にとっては「論外」ではなかったということです。

省庁は日本を代表する優秀な人材集団のはずなのに、組織として纏まっていないところを見ると、不安を覚えると共にすごくもったいないなぁと思います。
23人という大人数、銀座という繁華街、深夜まで続いた宴、どこを切り取っても批判の的ですが、言い訳があれば聞いてみたいです。