新着Pick
212Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「きれいな資料」が生むデメリットは非常によく理解できます。

業務上、報告をすることも、されることもある(私のような)中間管理職のような立場にいると、自分の部下には「資料作りに時間かけなくていいよ」と言い、自分が上司に報告する時には見やすく分かりやすく、ある程度時間をかけて資料を作っている、という矛盾があったりします。

報告を受ける上司のスタイルや求めている報告レベルが変わらないと、なかなかこの関係性は脱却できないですよね。
「あるある」ですね。以前に勤めていた会社での話ですが、本社CMOに対しUpdateミーティングを行う機会があり、日本の活動状況や今後のプラン、本社のサポートが必要なことについてシンプルに分かりやすく伝えるのが肝心と、5ページ(+Appendix)に絞ったところ、リージョンのマーケティングヘッドに大目玉をくらいました。先行してアップデートミーティングを行った他国のマーケティングチームは、広告代理店を入れて100ページ以上の壮大なプレゼン資料をまとめ上げ、その中にはそのミーティングのためだけに作られた特別な動画が3本組み込まれていたとのこと(CMOは実際のところ、そんな資料は求めていなかったそうですが...)。それと同じレベルの完成度(?)を求められて絶句しました。その時間と労力を費やすべき相手が違うのでは...と。

幸い今の職場ではそういうことは全くありません。
大事なことは資料のきれいさより理解のきれいさだということでしょう。

1. 何に答えようとしているのか
2. 目の前のデータから得られた結論は?
3. 次にすることはなにか

不確実性の存在を前提に、上記3つに的を絞って知見共有するための「きれいさ」は大変重要だと思います。
きれい、の定義によりますかね。

・シンプルをきれいだと思う
・パワポで育った私は、パワポ描きながら頭を構造化する

ので、きれいな資料とは、考えをシンプルに示すものだと伝えないといけないと思いました
うーん、でも汚い資料はやだなあ・・・
(生煮えの汚い資料のままでいいから出して! っていうことはあるけど)

私がおもう「きれいな資料」
・シンプルであること
・ストーリーが明快で矛盾が無いこと
・問題が構造化されていること
・情報が正確であること
・(公に出す資料は特に)フォントや体裁が統一されていること
 ↑5点目がちょっと考えどころだけど、たとえば顧客に出す資料の体裁がバラバラだったら受け取った側も「お前やる気あるのか」ってなると思うんですよね。私だったら思います。
汚い資料より、きれいな資料に越したことありませんが、きれいな資料だからと言ってその点を褒めることはないですね。
報告の中身は、ストーリーと論点だと認識しています。

筆者の言わんとしていることは間違ってはいないと思います。