新着Pick
40Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国はクーデターは非難しないが、難民が流入するのは困る、というところか。つかず離れずの距離感を保つのは中国らしい。
ミャンマーの北東部カチン州と接する中国の雲南省南西部では、ミャンマー人の取り締まりが厳しくなっているようです。
 少数民族カチン人が構成するカチン独立軍は国軍と戦闘に入っていて、国軍側から空爆を受けています。カチン州からだと、逃げる先は隣の中国しかないでしょう。
 南西部のカレン人も空爆を受けていますが、2千人以上の難民が隣接するタイに逃げ込もうとしています。しかし、タイ軍に入国を阻止されています。
https://twitter.com/apheda/status/1376492037550211073
中国は隣国ミャンマーとの国境線が2185㎞(2160㎞との説もある)と長い。中国にとってはモンゴル、ロシア、インドに次いで4番目に長い国境線で接しているので歴史的に中国はミャンマー情勢には敏感だった。建国直後からミャンマーとの国境管理の協定、貿易協定などを締結してきた。ミャンマーの内部情勢に最も詳しい中国は、混乱が中国に飛び火することを回避する策に出たのだろう。
「中国は巨大経済圏構想「一帯一路」の拠点であるミャンマーを外交・経済上の要衝と見なし、ミャンマー国軍記念日の式典に出席するなど軍政との関係も重視。ただミャンマー情勢が中国の治安悪化につながる事態は避けたい考えで、対応に苦慮しているとみられる。」
隣同士の国だからこそ避難民の殺到なども懸念される中の中国の対応。