新着Pick
43Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この問題を精力的に報じてきた東京新聞によると、新ルートは羽田増便を求める官邸の強い意向で計画されたといいます。国交省OBは「都心を飛ばせば発着数を増やせるのは、何十年も前から省内の常識。だけど、こんなに多くの住宅の防音工事はできないし、これまでは実現不可能と考えられていた」と振り返っています。騒音も大きな問題ですが、パイロットからは操縦の難しさを訴える声も相次いでいます。そもそもは東京五輪で外国人観光客の急増を見込んでのことでしたが、全く想定外の状況になりました。無理に無理を重ねる必要はどこにもありません。常識をもった見直しを期待します。
都心部ではまだ高度が高いので、それほど問題にはならないが、川崎市あたりだと高度もかなり下がっているので、苦情が多いのも理解出来る。都心に近い空港が抱える課題だが、これまでの経路を敢えて使わないというのはやや理解できない。
当初の想定通りにオリンピック、インバウンドでハッピーだったら違っていたと思うが、ベネフィットとリスクのバランスが崩れてしまった。
羽田の経路変更は、オリンピックに向け羽田の発着枠を増やすため、また南風における着陸時に千葉県市川市から浦安市にかけての低高度を飛行して騒音被害が問題となっていたためにこの負担を少しでも軽減するためという名目がありました。
新たな経路が米軍の横田空域にわずかにかかるという問題がありつつも、どうにか強引にねじ込んだのは良いのですが、結局はコロナ減便でその価値は生かされず、国民もその恩恵を感じることがほとんどないまま、都内の住宅街の上空を飛行機が飛ぶことによる苦情だけが出てしまったような状態になりました。

ただ、これは今まで東京に対する騒音対策の難しさを理由として、自らの持てる能力に制約を課してきた過程をあえて除いてみる社会実験という側面もあります。福岡空港や伊丹空港など、市街地上空を通って着陸する空港は、騒音は困るものの一方で利便性が高いこともまた認識されているところかと思います。昨今の飛行機は数十年前の飛行機に比べて格段に静かです。

いっぽうで、騒音回避を目的として着陸進入の角度を通常から深い角度に設定(通常3度→3.45度)したり、一定の速度を下回らないように速い速度で進入させたりしています。このためパイロットに対しそれなりに特別な操作が要求されるのも確かで、羽田の離着陸機会の少ない外国の航空会社の飛行機が戻ってきたときに、きちんと方式通りに進入し着陸できるのか、やや不安なところもあります(1機でも変な動きをする飛行機がいると、羽田に着陸しようと並んでいる飛行機の列を乱すことになります)。