新着Pick
121Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これをドローンでやろうと某企業と共同研究中.効率的な経路を見つける.室内の閉鎖空間で衝突回避.人を避け,人と協調する.
製造現場におけるベルトコンベヤーの歴史はフォードが始まりであることはよく知られている.取って代わるほどの変革を起こすだろうか.
衝突の不安ですか。それなら早くも12年前、2009年にCEATECで日産が相互通信と位置測定のシステム「ぶつからないロボット・カー」を出展していました。技術は練れているでしょう。問題はどこが実装して成果を見せるか。
不安になるAIを着けたロボットかとおもって読んじゃいました

あはは、急ブレーキというよりはぶつかってる感じですねぇ 速いのとか回避するswarmとかは普通なんですが、コレは、ニホン人には思いつかないでしょうねぇ 荷物大事に扱うので 停止までの距離が確保出来れば、荷物へのショックは意外に少ないと思いますねぇ、重いモノでなければ 梱包にバブル入れるでしょうし

あ、組み立て用ならこんな速いのは要りませんねぇ

「このロボットは荷下ろしの際に機械なり人間なりに降ろしてもらうのではなく、急ブレーキをかけて載っている荷物を引き渡し場所へスライドさせるという荒業を使っています。」
ぶつかった衝撃で、荷物を下ろす…ここに技術の鍵がありますね。

ロボット自身もぶつかるわけなので、制御が難しく、遅いと荷物がズレないので、下ろせません。

一見雑なようにも見えますが、上下方向の落差がないので、案外、荷物にはやさしいと思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
ゴキブリを連想するぐらい素早いので驚きました。
記事も興味深いですが、NewsPicksの記事タイルの画像が動画になっていますね!なかなか目を引きます。
梱包も含めて中身が破損しないようにコントロールできるのであればアームでつかんだりする動作がない分、最も効率が良さそうです。