新着Pick
84Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
iU入学式は、とても広い「すみだトリフォニーホール」でリアル開催致します。バンド演奏つき。YouTube配信も致します。オン・オフ併用はスタンダードになります。
コロナ当初、オンライン対応できない問題が露呈しましたが、ここにきてリアル対応できない問題を見受けます。
いずれも、これから起きるはずの事象に立ち向かうやる気の問題に見えます。
この数ヶ月間、来週から新入社員となる内定者といろいろ対話したのだけど、彼らのこの一年間のやりきれない不安や孤独をとても強く感じたので、入社式はオフラインで開催することにしました。当然、新入社員のご家族にも説明できるような対策と時間割を準備します。

オンラインかオフラインかというゼロイチの二元論ではなく、すべては新入社員やご家族の皆さんとの対話と、会社側のステークホルダーの皆様に対する覚悟だと思うのです。
新卒や2年目社員は本当に大変な時期を痛感しているかと思います。
もちろんその教育やマネジメントを担当する上司や先輩社員も含めて。
とはいえ、こういったご時世だからこそイノベーションが生まれる可能性もあると考えると、去年や今年入ってくる社員の中から素晴らしいアイデアが生まれればと思うばかり。苦難を逆境に変えて頑張って欲しいと切に願います。
企業研修業界は、4月はクライアント企業様の新人研修の受託ラッシュの一番繁忙期となります。

昨年は4月頭に緊急事態宣言が発令されたことで、多くの研修がキャンセル、延期となりました。当社はオンライン研修への切換えをご提案しておりましたが、昨年4月の時点ではクライアント企業様においてオンライン研修の体制が整っていないことが多く実施できないことが多くありました。

しかしその後6月、7月以降、研修のオンライン化についてクライアント企業様内で整ってきたことに伴い、現在では全体の90%以上の研修がオンラインで実施できるようになりました。今年の4月の新人研修も、その殆どがオンラインで実施可能となっております。
オンライン化された新人研修ニーズはうちでも高いです。今年までの流行になるか、定着するかはまだ不透明。オフラインに戻る気もしている。
新入社員にとって大切→対面、という考え方がもう古い気がしてしまいますね
今後は会社と従業員が対面を前提としない関係性を持つことになる中で、入社式だけが特別である理由を明確化しなければ、社員にも伝わらないと思います
昨年からこうした傾向はあるので、驚きはないが、より工夫がされて充実したものとなることに期待