新着Pick
6Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
SDGsの言葉は、小学校でも色々な場面で教えてくださいますし、子供向け新聞でも頻繁に出てきますね。
低学年ですと、言葉の意味をまだまだピンとはこない子供もいると思います。我が家も持続可能な開発目標と言われてもなかなか言葉の意味を理解できない様子ですが、学校では、一人一人が地球のためにできること、みんなが幸せになるために世界のために何ができるか、継続してやり続けることに何があるかなど、自分の言葉でアイデアを出して話し合う場が作られています。自分で考え発表し、皆んなに共感してもらったりコメントをもらったりすると、また真剣に考え貫こうとしており、アップデートしている様子。
SDGs nativeの動きは早くから学びの場で実践に向けて取り組まれていることを感じます。やはり一人一人が理解して、自分なりの取り組みを子供のうちから考えることが必要ですね。