新着Pick
72Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
昨年にNYTがすっぱ抜いたやつ。石油業界ではこの8ヶ月散々議論されてきた。

https://www.nytimes.com/2020/07/11/world/asia/china-iran-trade-military-deal.html

石油ガス開発、プラント開発、裏に軍事的などんな協定が含まれているのか気になる所
こうなると、もはやイランが頼みとするのは中国です。原油の輸出と兵器の調達は、今のイランが喉から手が出るほど渇望していることです。中国は新型コロナウィルスのワクチンもイランに無償提供しています。
 イランのハメネイ最高指導者は「ポスト米国時代の始まり」、ローハーニー大統領は「アメリカ一極支配打破のために中国は立ち上がった」と中国を絶賛しました。
 中国は、米国の制裁を破ってイランと取引しています。米国はすでに制裁違反した中国の複数企業に制裁を課していますが、中国政府の指示を受けた企業がイランとの多岐にわたる取引を継続しています。中国にはイランとの取引のためだけに海運会社や通信会社を設立する余裕があります。
 米国は、中国とイランの取引を阻止できないでしょう。たとえば、イランからの原油を輸送する中国企業のタンカーを拿捕できるかというと、そこまで踏み切れないでしょう。北朝鮮やベネズエラの船舶を拿捕するのとは訳が違います。イランからすれば、原油の1バレルも買おうとしない日本などよりはるかに頼りになります。
 ただし、いうまでもなく、これはイランにとっては毒饅頭で、イランは中国に依存しきった北朝鮮やカンボジアのような国になります。イラン国民もそれはわかっているので、潜在的な世論は複雑でしょう。
いやー王毅外相もタフだなー。アラスカで米中外相級会談を2日間やり、帰国後すぐにロシアのラブロフ外相と風光明媚な桂林で22日に会談を行い、史上初の中ロ共同声明を実現させた。その後は、中東に飛んでトルコのエルドアン大統領と中国とトルコの国交樹立50周年を祝い、更なる関係強化を約束、サウジアラビアではムハンマド皇太子と面談し、そしてイランとは包括的協定の調印だ。そして、中国外交部は最近では、「中国の目標は米国を超えることではない。自らを超えることだ」と言い放った。中国のしたたかな外交は絶好調のようだ。
中国の反米同盟構築は着々と。ロシア、イラン、北朝鮮。ここに反米とまではいかないが米国よりではない、アフリカ諸国や中南米を取り込みはじめてる。韓国とトルコを自陣営に引き込めるかと、EU、特にドイツを中立でいらせられるがカギ。何にしてもトランプ時代の孤立政策のツケが出まくってきている。本気で第三次世界大戦はリアルなリスクになりつつある…
Davidさんが別の記事で、戦争が起こるのはアメリカが民主党政権の時とコメントされていて、歴史的にはその通りなんですが…

中国とイラン、もっと言うと中国共産主義とイスラム教国は、歴史的には基本的に潜在的な対立構造しかなかったと理解しています。

イランと中国の接近は、アメリカ民主党政権というより、トランプ政権が進めた過度な恫喝外交の後遺症というかマイナスな遺産ではないかと感じます。
この辺りのパワー外交の揺り戻しの影響などは、専門家のプロピッカーの方たちのコメントをお聞きしたいです。
→あっ、反トランプの意見を聞きたいのではなく、あくまでも外交のパワーバランスのお話しとして…です
中国を甘やかしたのはオバマ政権というのも理解出来ますが…
この辺り解釈が難しい。
二極化がどんどん進んでるね!危なすぎる。反米連合が強くなり、これに米国が頭を下げるとは思えないから、第三次世界大戦までいってもおかしくないかもしれない。
中国は少数民族ウイグル族の弾圧や経済的威圧などで、イランは2015年の核合意をめぐって、それぞれバイデン米政権と対立しており、対米共闘を強化する狙いとみられる、とのこと
Premiumを無料で体験
登録・ログイン