新着Pick
440Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
FBAの売れ筋商品を研究し、買収することでトップラインを伸ばしていく企業を紹介しています。思いもよらなかった発想ですが、スピードを考えれば、自社で同じ商品を開発して売るよりもはやい。同じ商品を仕入れられたとしても、それまでに顧客基盤を持っている方が強い。

D2Cが主流になるかと思いきや、FBAで稼ぐ人たちも多い。アマゾンの販売パワーに便乗するFBAは今後も出てくるでしょうね。
去年、この領域は一度記事化しましたが、カオスとダイナミズムがすごくて大変興味をそそられました。

ちなみに、この記事に出てくるスラシオは、つい先日日本進出を発表しています。

※記事
【沸騰】知られざる「アマゾン経済圏」の金脈
https://newspicks.com/news/5470097/
無名商品がアマゾンでブランド化。販売だけではなくブランド゛プラットフォームとしての今後のアマゾンに期待。
面白い記事でした。
(Amazonはまだまだ可能性に満ちていますね
アマゾンを通して需要を知る。
アマゾンプラットフォームには、小宇宙がいくつもつながっているのですね。FBAビジネス。
amazonでも、いろいろな稼ぎ方があるという事例ですね。

中国製の製品があふれる家電製品の領域では、こういった活動が多いのでしょうね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
別に目立つ必要はないという事。緻密な計画があっての成功なのではないだろうかと思う
Amazonによる買収が進むと更に競争力が出て無双になりそうですね。
この連載について
世界のクオリティメディアの記事をNewsPicks編集部が厳選し配信します。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、アップル、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
189 兆円

業績