新着Pick
64Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2002年に公開された『マイノリティ・リポート』では、トム・クルーズが近未来の街を歩いていると、自分の興味に合致した広告がホログラムとして現れて、それを空間で操作できる世界を描写していました。

20年経過しても、まだまだ夢物語の域を出ませんが、ARや3Dでの広告はその入口になることは間違いありません。

立ち上がりは徐々にであっても、長期的には20年前にみんなが期待したような世界が実現していくことを期待しています!
これは楽しみです。専用アプリがいらないというのも!いろんなアイディアがどんどん思い浮かぶエリアですが、まだ少し浸透には時間がかかると思います。まずは実物を体験してクオリティやディテールを実感しないとな。
一歩ずつ技術開発されてますね。
そろそろ花が咲きそうなジャンルだと思います。

携帯ではなく、ゴーグルやグラスが進化して
身体の一部分になった時にARや3Dは
広告だけでなくあらゆる使い方ができそうな気がします。
プレステ5の没入感も凄いですしね。
こういうところと融合しながら更なる進化を期待します。
没入型がカタチになりつつあります。

没入感とは、映像や音に熱中してその世界に浸っているような感覚のこと。
ようするに、自分がコンテンツの主人公になったような感覚。

去年も日本初没入型展覧会「イマーシブミュージアム」東京で、 モネやルノワールの名画に入り込む体験アートがありました。

没入型広告で、家にいながら見て触って確かめる世界がそこまできています。
このようなアプローチ増えてきましたね。
アクセンチュアのレポートでもXRの導入は小売りの売上にプラスの効果とありましたし、徐々に最適化されていくのでしょうね。
https://www.moguravr.com/accenture-immersive-technologies-reports/
専用アプリを必要とせずAR体験ができるというのはモノを売る広告としては良さそう。広告効果がわかってくればECでもこの手の広告が増えていくように感じます。