新着Pick
24Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
飲食やホテルなどコロナによって大打撃を受けた会社が主ですが
最近本当に統廃合のニュースが多いですね。mixi×Hubのようなテクノロジーカンパニーと飲食が合併していくのもおもしろいなと思いますが、近々の意図としては規模化と人件費の削減、物流等の効率化がメインでしょうね。
ファンドのロングリーチが2018年に珈琲館を、2020年にシャノアールをそれぞれ買収しています。今回の合併はロールアップ、経営統合とロングリーチが描く投資シナリオに沿ったものっぽいので、直接コロナは関係ないかもしれないですね。

2ブランド合わせると400店舗を超えてきてそれなりの規模感になるため、経営統合による効率化に取り組みながら、コロナが落ち着いたらところで、相対での売却またはIPOでのExitを狙うといったストーリーではないでしょうか。
コロナ禍のおり、外食における経営統合は加速して行くと思います。
どの企業と組むのか、どこと組むとポートフォリオの拡充ができ事業軸の強化になるのか、早めの決断を迫られる企業が出てくるののではないか、と思います。
この流れにどこの企業が乗り遅れるのか、創業者の意向が強い企業は厳しい局面に立つのではないか、と思います。

また、個人的にはJR九州さんは、総売り上げに対し、セグメント別にみると運輸サービス32%:その他事業計68% であり、総売り上げに対する流通外食売上28%もあるので、JR九州さんが外食を経営統合していくと地域活性にも繋がり、面白い展開になるのでは、と妄想しています。
珈琲館と、カフェ・ベローチェ等を展開するシャノアールが4月1日付けで合併し、「C-United株式会社」となるそうです「合併により、C-Unitedは全国で7ブランド400を超える店舗を展開することになる」
Premiumを無料で体験
登録・ログイン