新着Pick
72Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
契約に関しては、アーティスト側ももっと学ぶべき問題です。音楽業界でも契約書が交わされないこともありますし、あれど契約書を読まないアーティストも多い。出演者は対等に契約内容(報酬含め)を交渉して良いものなのだとしっかり理解できるよう音大など専門学校では教えるべきだと思います。言われたままを飲み込む人ばかりでは、次世代のためにもなりません。ハラスメントについては、ただ酷いの一言です。ハラスメント行為があれば契約解除、など契約書に仕込んでおくのも護身の手だと思います。
ハラスメントは深刻な問題ですが、それと同等に問題なのが契約や対価です。
「契約書を作成しないなど、金銭・労働条件での不安を強いられる例も多発していた。」
ハラスメントは人によって受け取り方が大幅に異なるため、どこまでをハラスメントとみなすかの線引きが難しい気がしています。

2015年に投資家周りをしていた時に、とあるVCの方に
「うち、30前後の女性には投資してないんだよね」と言われたことがあります。
「先に教えてくれてありがとうございます」とお礼をお伝えして打ち合わせ終了。アメリカだったら#MeToo運動に発展しそうですが、見込みのない投資家さんの相手をするよりは、次を探すべきだったので、私はそこまで気になりませんでした。

業界や業種によっても大幅に異なると思いますが、今回のフリーランスの人に対して、契約書を作成しないで労働を強いるなど、誰がみても闇の深い部分に関しては、法的保護から漏れないよう働きかけをべきだと感じました。
フリーランスでなくとも、なかなか酷いです。
日本だけではなくて、世界的にハラスメントが伝統となっているような業界なのだと思います。

私も、学生時代から国公立の音楽院で働くようになっても色々ありましたが、上にいる方々は組織によってガッチリと守られているので個人では到底太刀打ちできません。彼らは、未成年の被害者(教授によるセクハラによる)が自殺未遂をしても守られ続けています。

なので、”賢い”方々は声を上げない方が良いことをちゃんと知っているのです。

ただ、彼らはとても賢いので、社会の空気が変われば彼らもまたとてもスマートに立ち位置を変えられるのでは、と思います。

そして今、世界中で空気が変わりつつあるように感じています。

がんばろう!!
自分を売り込むことを「恥」と思う傾向の強い日本では、フリーランスの立場はとても弱くなってしまいます。

それが、閉鎖的な場所であれば尚更でしょう。

条件交渉などを請け負うエージェント(日本だと弁護士)に依頼をできる人はほとんどいないでしょうし…。
絶対的な評価の物差しがない分野だけに、懸念される分野ではあるかと思いましたが、やはりそうだよな..という印象。
「過去10年間に受けたハラスメントについて美術や演劇、映像、音楽、文芸、漫画などの分野で活動する1449人から回答を得た」
関連記事一覧
ギズモードライターが選ぶ今年のNo.1映画:目に見えぬハラスメントの被害を描くホラー『透明人間』
ギズモード・ジャパン
4Picks

目に見えぬハラスメントの被害を描くホラー『透明人間』
ギズモード・ジャパン
3Picks

【日本はこれをどうにかしてほしい】立場によって評価基準が変わる?
こぐま速報
3Picks

真の生産性を手に入れる仕事術「フリー・トゥ・フォーカス」の始め方
ライフハッカー[日本版]
3Picks

独学の達人が教える「経済的成功」と「人格」を両立させた成功者ベスト2 - 独学大全
Diamond Online
3Picks

在宅でもハラスメント「感じる」3割
www.linkedin.com
2Picks

震災で届けた義援金「逆にいただく立場になるなんて」 釜石と渋谷、2つの“横丁”がつなぐ絆 - ABEMA TIMES
BLOGOS - 最新記事
2Picks

子どもをもたない生き方 ──「チャイルド・フリー」も幸せ
Newsweek日本版
2Picks

わが子を「恐怖や被害」に遭わせたくないなら早く教えたい「同意」という心構え レイチェル・ブライアン(著),中井はるの(訳)
PHPオンライン衆知|PHP研究所
2Picks

テックファームHD、ジェンダーや学歴など不問の「フリー採用」へ 社長直轄の「人材獲得専門チーム」創設
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
2Picks