新着Pick
92Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「2022年4月にも、支払いに備えて契約者から集めた保険料の一部を積み立てることを義務付ける方針」とのこと。
外貨保険の販売についてのルールの変更ではなく、保険会社への規制の変更ですね。
貯蓄型の外貨保険に入るなら、「米国債(30年債利回り2.3%)等の債券投資」と「掛け捨ての死亡保険」を、それぞれ別々に手当てする方が、同様の保障内容で、手数料は安くなり、引受会社のデフォルト対策も兼ねることができます。
金融リテラシーが基本的に低いのが日本人なので、勧められるがままに外貨保険に加入している方々は多いと思います。資産運用することになるので下がるリスクがあることは加入者がしっかり理解しないとだめですし、自分で情報収集して手数料も多くとられていることを把握した上でどうするか決める必要があると思います。老後に期待していたお金が実は受け取れないというのは本当に悲惨だと思いますし、このようなトラブルも少なくないと聞いています。

---
金融庁は外貨建て保険に関する保険会社向けの規制を強化する。2022年4月にも、支払いに備えて契約者から集めた保険料の一部を積み立てることを義務付ける方針だ。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン