新着Pick
236Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
双日のビジネスジェット事業の立ち上げを櫻井洋平さんにお伺いしました。ビジネスジェットは、お金を気にしない人だけが利用すると思っている人が殆どだと思います。みんなまだ、知らないので乗っていいないという面が強いと思いました。
ビジネスの基本は、まず認知してもらうことです。価値のあるビジネスなら必ずやリピーターが増えてくると思います。
双日のビジネスジェット事業の発展を確信できました。

双日の櫻井洋平さん、NewsPicksの金井明日香さんありがとうございました。とても楽しい対談でした。
人気 Picker
20世紀初め,贅沢品だった自動車はT型フォードの登場で庶民の生活必需品になりました.21世紀初め,いまは富裕層の贅沢品とみられるパーソナル航空機,ビジネスジェットも,航空機版”T型フォード”の登場で,空が身近な移動手段になると思われます.Urban Air Mobility,いわゆる「空飛ぶクルマ」です.
時間の節約になることは間違いない。

日産でもビジネスジェットを利用していた。
もっぱらゴンさんが利用したが、同行者・随行者も乗った。

当時は、飛行許可や駐機・メンテナンスの容易さから、グアムをベースとしていたと思う。
日本は、煩雑で高価。大変不利だった(今は知らない)。

ビジネスマンが、州間を気軽にプライベートジェットで飛び回るアメリカでの生活をしたことのある人達には何の抵抗もない。

セキュリティーとプライバシーの確保というメリットもある。

その以前は、日本人トップの時代、ヘリコプターをチャーターしていたことがある。とてつもなく大変で、特に気象条件に弱い。飛行許可が下りないことが多く、予定が立たない。

記事では、「通常の渡航費用の5倍」とあるが、本当だろうか?

維持管理を含めた総コストで、搭乗者1人の時間当りの比較を示して欲しい。
結局、経営として、高額なコストを上回るメリットが享受できるかどうかだ。

その観点がなければ、プライベートジェットの利用を贅沢視する人が多い。単なる嫉妬(怨嗟)でしかない。

ゴンさんのプライベートジェットの利用を訳も分からずに叩く人達が、マスコミを含め沢山いた。
その時に沈黙を決め込んだプライベートジェット業界には失望した。その業界が「今頃何をいうのか!」という感じだ。

情緒ではなく、経済効率からのビジネス手段として、堂々と議論して欲しい。
ビジネスジェットは、新幹線のような高速鉄道が比較的未整備で、かつ小さな飛行場が多く自家用車感覚で飛行機を使うことができる米国では当たり前のように普及しています。ホンダジェットが空前のヒットとなっているのもそうした下地があるからです。一方で日本は、ようやく旅客機が大衆の乗り物になってきたところで、富裕層向けにはファーストクラスのラグジャリーなサービスを売りにしてきました。飛行場が少なかったこともあり、時間を提供するというサービスはいままで存在し得ませんでした。

しかしコロナになり、密を避けて移動したい、また乗り継ぎではなく直行で目的地へ向かいたいという需要が際立つようになりました。定期便と違い、チャーター便はどんな空港へ行くのか、顧客からのオーダーが入るまでわかりませんし、オーダーが入ってから実際に運航するまでのリードタイムも短く、あらかじめ全世界の空港の運用方法について熟知している必要があり簡単な話ではありません。現地の空港で活躍してくれるコーディネーターとのコネも築いておく必要があります。
ただし、一つのフライトでの利鞘は格段に大きく、ビジネスジェットを専門に運航するエージェントは世界中にあります。日本でも、ホンダジェットを生かして国内、そして国際線を運航できるビジネスジェットがあっても良いのではと感じているところです。
ビジネスジェットの需要がコロナで喚起された。言われてみれば、確かに起こり得ること。それでも個人的にはなかなか縁がありそうにないが、シェアリングの仕組みを入れるコトで利用料金が低下してパイが拡大。TAMはどれぐらいか? 地頭テストにちょうど良い問題になりそうですね。
今後、通常運行の”ビジネスクラス”は戻らないと思いますが、
”ビジネスジェット”での利用は、増えると思います。
本当に必要な柔軟さとスピード
仮に一人100万円かかる世界なのだとして、それをコストダウンしていく術はあるのでしょうか
数十万の世界に行くと浸透していきそうな気がしますが…
逆張りの発送だと思った。アフターコロナになっても、高単価のビジネス需要はコロナ前に戻らないと想定される中で、潜在ニーズがどこにあるかをいち早く掘り出す事が必須だと感じる。
ファーストクラス乗るくらいだったらこっちの方が圧倒的にいいんでしょうね。