新着Pick

日本でユニコーン企業が「7社だけ」の根本原因

東洋経済オンライン
現在、中国では多くの分野がオンライン化され、“デジタル後”の世界になっています。買い物、フードデリバリー、配車サービスなどはもちろん、医療や学び、賃貸住宅の契約、納税もオンライン、新発売の化粧品をス…
27Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この記事に賛同しない日本人が多いのは理解出来る。ユニコーンの少なさの要因の大部分に触れてないからなのと、中国から見た日本が私達が認識している日本とは違って聞こえるから、だろう。
しかし幸いにも日本でも中国でも投資先としてユニコーンを見ることが出来たそれらの会社を思い起こすと、特に中国の会社には当たっている表現が多い。
たしかに、経営の修正速度がべらぼうに速かった。1ヶ月で全てを一変されるほどで、それはピボットというようなイメージからはほど遠く、そうですね、別の国に一夜でなるような転換をするんですよね。数千人レベルの会社が一夜で。
日本にユニコーン企業が少ない理由の根本原因かどうかはわかりませんが、TECAが重要というのはビジネスだけでなくサイエンスでも同じだと思います。

失敗を恐れず行動し、仮に失敗してもナイストライと声をかけ、その失敗を次に活かせるように「倒れるときは前のめり」で進めば、結果として誰もが成し得なかったことを達成できる企業が増加し、それらがユニコーン企業として評価されるようになるのかもしれませんね。
日本と中国のユニコーン企業数の差は、莫大な人口はもとよりGoogleやfacebookを排除するといった力技の政策、上場タイミングの違いにあるかと思いました。
" 中国では成果主義の色が濃く、過程において失敗を繰り返しても、結果的に成果を出せれば評価されます。それが、試行錯誤しやすい環境をつくり出しているのです。" スピードとアウトプット量を重視し、失敗を繰り返しても最終的に成果に繋げることができれば良いですよね。確かに日本だと失敗に対する許容、奨励する空気感はあまりない気がします。
何も知らない人が適当に想像で語ってるだけですね🤷‍♂️
うーん、素人的には、どーしても、市場規模、人口にめが行きますけどね…アメリカはざっくり日本の3倍だし、中国はざっくり10倍はありますよね。