新着Pick

ソフトバンクG出資のコンパス、IPOで時価総額100億ドル目指す

Reuters
[23日 ロイター] - ソフトバンクグループが出資する米不動産仲介会社コンパスは23日、米国での新規公開株式(IPO)を通じて最大100億ドルの時価総額を目指す考えを明らかにした。
36Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
不動産エージェント業務の効率化をベースに、積極的なM&Aとときには訴訟に発展するようなエージェントの引き抜き(エンジニアも)を行いながら規模を拡大していきました。

先行して上場を果たしている仲介実業系では、ディスカウント&エージェント雇用型、かつポータルが強いRedfin、0オフィスでエージェントコミッションが極めて高いeXp、そしてこのCompassという形。

米国でも長らく競合優位性と、バリュエーションマルチプルに対する疑問が上がってきましたが、公開市場がどう評価するのか。
トップラインの成長は甚大で、マーケットシェアをとにかく取りに行くのが好きば米国ならではですね。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く日本の持株会社。固定電話やインターネットに関わるインフラ事業やインターネット・カルチャー事業がある。 ウィキペディア
時価総額
17.8 兆円

業績