新着Pick
64Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
基地局について、様々な会社を混ぜるリアリティというのはどうなんだろう?リスクヘッジの部分もあれば、混ぜるゆえに必要なノウハウ・制御がハード・ソフトの両面である?

元々NTTは、NEC・富士通・沖電気(証券コードでは6701、6702、6703と続く…)を中心に「電電ファミリー」とずっと電電公社の時代から開発を続けていた。ただ民営化なども含めて、関係は薄くなっていったし、電電ファミリーもNTT案件をやっていれば儲かるという状況は変化。
一方、昨年はNTTがNECと資本業務提携(①)。ここらへんは富士通含めた統合として電電ファミリーは常に頭の中によぎる(②、③)。加えて、NTTのドコモ完全子会社化もあった。③、④あたりがその文脈系の記事だが、30年前あたりの意思決定の揺り戻し(これは政治も思いっきりかかわる領域)。

基地局はHuaweiの話含めて、外交・安全保障も関わるし、通信企業は国策企業でもある。そのなかでピュアな技術的な話だけではなく全体としてどういう風になっていくのかが気になる。

https://newspicks.com/news/5016465
https://newspicks.com/news/5453234
https://newspicks.com/news/5262244
https://newspicks.com/news/5263381
NTT澤田社長は、国産5G連合をめざしており、国内5G産業が必要という考え。
一方、NTTドコモは安ければどこから買ってきてもよい、国内産業振興に興味なし、というスタンス。

NTTの株主は、30%以上が国が保有、つまり国民の所有。
過去20年間、モバイル通信端末や通信ベンダーの企業が軒並み、衰退した事実。
結局、業を煮やした、NTTは、昨年ドコモを買収し、NTTがNECに出資したカタチ。

ただ、5Gのサーバソフトは難易度が高く、安定して動作するのが難しく、NTTドコモしても、リスク管理としてマルチベンダーしておきたいはず。おそらく、サムソンはまずラボに納品するのではないか、また金額のシェアはそれほど多くないと想定されます。

最近動向からすると、通信インフラは、安全保障とセキュリティの観点から、今後国内回帰が進むと予想されます。
3Gから4G・LTEへ世代が移行した時は、「通信速度向上」が人々の生活の中で課題でした。地下鉄では、ホームでしか繋がらない時代が懐かしいですね。
 
4G・LTEでは通信速度面が解消され、不満足要因を解決することによるマネタイズが難しい中で、5Gのビジネスをどうやって創出していくのかは五里霧中です。
 
そういった環境下なので、ドコモは「オープン化」の技術開発を進めているのかなと予想します。
docomoもSamusngの基地局を導入するのか。Open RANによるマルチベンダー化の一環なので、規模はそれほど大きくなさそう。

KDDI、docomoと来て、でも両社の関係性からSoftBankとは多分ならないかも。
Galaxy S6 edge以降、もう6年くらいSoftBankからSamsungの端末は発売されていない。
何がきっかけで変わるかは分からないけど。
株式会社NTTドコモ(エヌティティドコモ、英語: NTT DOCOMO, INC.)は、携帯電話の無線通信サービスを提供する、日本最大の移動体通信事業者(MNO)。日本電信電話(NTT)の完全子会社。 ウィキペディア

業績