新着Pick

火災保険の契約期間、10年から5年に短縮へ…負担増となる可能性も

読売新聞
戸建て住宅やマンションなど一般住宅向けの火災保険の契約期間が、2022年度にも現行の最長10年から5年に短縮される見通しとなった。豪雨や台風などの自然災害の増加で、損害保険各社の火災保険の収支が悪化しているためだ。契約
130Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私、昨年今のマンションに引っ越した時、10年契約にしました。
1年契約、5年契約などありましたが→お願いして比較しました、これは長いほど保険料は有利でした。
これが5年になると、結局割高になるのかと。

住宅ローンを借りる場合には、火災保険は必須なはず。
今後は、火災保険料がローンコストとして認識されるようになるのかと思います。
リスクの見直しによる保険料の高騰と同時にLemonadeやLukaのようなDX保険のようなプロダクトによる保険料削減・最適化の動きもある。
火災保険の契約期間が最長10年から5年に変更になるようです。。豪雨や台風などの自然災害の増加で、損害保険各社の火災保険の収支が悪化しているため。契約者には負担が大きくなる可能性もありそうです。
契約期間はある程度、自由競争に任せられないですかね。それとも、潰れられたら困るからと、護送船団方式なのでしょうか。

このニュースの教訓は、保険は胴元(保険会社)が儲かり、我々は損をする仕組みになっており、極力最小限にするということが重要ということだと思います。
もちろん、火災保険は必要な保険の可能性が高いのですが、ふんだんな貯蓄があり、かつ、賃貸であれば不要だと見ることもできます。

保険はミニマムに。
5年ごとの見直しで負担増。10年で適用されていた割引も5年になり、割引率が下がって実質の値上げ。

そのうち毎年更新とかになりそうですね。。
自然災害を対象とする保険は地震保険のように基本的には国が主導する形にすべきなのかな?
10年くらい前までは30年とかの火災保険に入れましたから、そっちの方が異常だったと思います。