新着Pick
5Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
語弊を恐れずに言えば、100~200万円の学費で「高い」となってしまう日本の高等教育は少し心配になる。

質の高い教育を提供しようと思うとどうしてもコストはかかる。東京大学の財務諸表をみると、病院経営意外の大学運営の支出は2000億円だとわかるが、ハーバード大学は5200億円だ。生徒数はハーバードの方が少ない。教授ポストも1000万円の公募と4400万円の公募だと、当然のことながら集まる人財の質も異なるだろう。

「アクセス」と「質」の担保は教育領域においてはとても重要な事である。

大学の学費はどんどん二極化していっても良いのではないかと考える。圧倒的なレベルを追求している大学については学費をかなり上げても良いのでは?

そうでないと、世界からどんどん遅れていきます。
株式会社幻冬舎(げんとうしゃ)は日本の出版社。 ウィキペディア

業績