新着Pick
262Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本で問題になった、某ファンドとはかなり異なります。

1. 元アメフトスターのジョー・モンタナ氏は、エンジェル投資家として高い実績を長年積み続けてきた 2. 創業パートナーたちは、Yコンビネータ出身の成功した起業家たちで、極めて有力な人脈を持っている、3. 1号ファンドに続き、2号ファンドを立ち上げ、LPから評価されている可能性が高い、など。

シリコン・バレーのVCと言えば、厳しいレジェンド投資家のイメージが強いのですが、マイケルはまだ20代。ものすごく感じが良い、次世代の投資家でした。

参考記事https://www.forbes.com/sites/zackomalleygreenburg/2020/02/28/how-an-early-pinterest-investment-turned-nfl-legend-joe-montana-into-an-all-pro-venture-capitalist
別の取材でも、「Michaelは本当に熱心に働くんだよ」「僕が知ってる中で一番働き者な奴だ」という評判を聞いていました。インタビューでも、熱心に、丁寧にお話をしていた様子が印象的でした。

ネットワークの本当の強さ、広がりは、自分の持つネットワークと全く被らないネットワークを持った人とかけ合わさった時に発揮される。このことをまさに体現しているのがLiquid2Venturesだと感じました。

私が個人的に非常に共感したのは、「チームプレー」を尊重する文化です。

それぞれの強さ、バックグラウンドが違うからこそ相手へのリスペクトが生まれチームとしてのファンド運営ができるのだと感じました。

モンタナ氏のようにファンドを立ち上げて自ら熱心に投資案件に関わる俳優にアシュトン・カッチャーがいます。2010年に設立した「A -Grade Investments」はスポティファイや、Aibnbnなどに投資し、3000万ドルの資金をこれまでに2億5000万ドル、(約7倍!)に増やしています。2012年にSound Venturesという別のVCファームも立ち上げて、最近ではインパクト投資にも目を向けているよう。
シリコンバレーの日本のVCの方に聞くと「向こうから話が来たときはもう遅い。有名どころに軒並み断られたから来る」と。有名スポーツ選手のネットワークが広さはインナーサークルに入るのに大きなアドバンテッジだろうと思います。また20代前半、場合によっては10代で年収何十億になるNBAなどはお金の使い方がわからない選手も多いといわれ(豪邸に住んだがカーペットの掃除が面倒で毎月張り替えていたという話がありました)レブロンなどがロールモデルになっている感じがします。
ベンチャーであれバイアウトであれ、投資で重要なのは、「情報吸引力」です。その観点で、投資家が有名人であることは、アドバンテージになると思います。
『ジョーはドットコムバブルが弾けた時、すでにスタートアップ投資を始めており、そうした歴史も知っています。』
最近セレブによる投資が色々話題になっている。でもジョー・モンタナ氏の場合はこの一文から、マーケットサイクルを複数経験していると思うし、記事からはトラックレコードが窺える。

SPACと組み合わせたセレブによる投資が集金マシーンとなっているリスクにSECが警笛を鳴らしている(①)。②はセレブのSPACへの代表的な投資リスト。他の人がやっていないうちからずっと投資をされてきたモンタナ氏は、現状をどう捉えているだろうか?
なお、特に自身が関わるコンテンツ系へのセレブの投資については、個人的にはアリだと思う。そこに他の投資家を呼び込むかは別の論点だが、クリエイティビティの対価をサービス提供ではなく長期でEquityで受け取ることは、コンテンツは当たる・当たらないという点でハイリスクハイリターンの側面があるので、双方合意があればいいのではないかと思う(③)。
https://newspicks.com/news/5680658
https://newspicks.com/news/5683695
https://newspicks.com/news/5657164
サラッとプロスポーツ選手と言うけれど、ジョー・モンタナは分野を超えた世界的なスーパーレジェンドですね、日本のCMにも出てたくらい。当時の話なのでいかに世界的スターかを物語る。
と言うことで単に元プロスポーツ選手がエンジェル投資を始めたら、という一般化は必ずしもし難い事例で、その中でも一握りのスーパークラスの場合の話という前提で読むべきでしょう。
Liquid2 のジョーモンタナは現在はスポーツ選手というよりかは誰もが知っているプロのVCという認識のが今や強いと思います。彼の直後にクウォーターバックを務めたSteve Youngも最近までソレンソンキャピタルで成功したキャピタリストを務めていました。両者とも共同投資の経験がありますが、本当にプロの投資家として尊敬されています。

確かに起業家に対しても、スタートアップの顧客になる企業に対しても絶大な知名度があるし、ネットワークという面では圧倒的な差別化がありますが、共同パートナーが業界のベテランを選んでいるのも共通です。
ジョー・モンタナって華やかにVCに転身していたんですね!
全然知りませんでした。

ちなみに、第1回ラグビーワールドカップで優勝したNZオールブラックスでキャプテンだったデビッド・カークはW杯直後にローズ奨学生としてオックスフォード大学医学部へ進学。

在学中に路線変更して、いまは自ら創業した投資ファンドの代表をしています。

当時、日本では文武"別"道が支配的だったので、高校1年生の自分にとっては頭をトンカチでぶん殴られたくらいのショックを受けたものです。こんなにスゴイ人が世の中にはいるのか!と。ポジションもSHで一緒ということもあり。

もうひとつ、ちなみに、カークはイケメンです。
49ers時代のジョー・モンタナをみては、アメフトごっこをしたものです。
背番号16。
自分で突破するのではなく、パスで攻める面白さを教えてくれた人。
奇跡的なパスを通すQBでしたが、エンジェルとしてもいいパスを投げている模様。
いまや、米国民全員が投資家、という様相。アスリートも、アクターやアクトレスも、ロビンフッダーたちも、みんな投資に熱狂しています。それはスタートアップ投資であったり、NFT投資であったり、株式投資であったりします。

お金を寝かせておくのではなく、しっかり働かせていますね。
この連載について
世界中のテクノロジーが集まる米シリコンバレーでは、今なにが起きているのか。NewsPicks編集部とシリコンバレー支局が総力をあげて、動画コンテンツでレポートする。