新着Pick
267Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今日は緊急事態宣言解除の初日ですが、ANAの国内線予約は
宣言期間中と比べて約2倍とのことでした。1日当たりの予約数の比較ですが、コロナ前の半分とはいえ、復調が見られます。

実際、3月は解除前に羽田を訪れても以前より目に見えて旅客数が増えていましたので、今日から本格化するのだと思います。
GoToは感染拡大とは無関係という研究結果もあるようで、どちらかというと、人の移動よりもマスクをしない会食の方が拡大につながっていたのではと感じますね。

JALなど一部の航空会社では、利用者にPCR検査を手頃な価格で提供しており、出張ついでに検査してしまうのも手かと思います。
飛行機でのクラスター発生履歴はありませんし、3分に1回機内の空気は入れ替わりますし、消毒も徹底しますし、マスクをつけないと注意されますし、現実的には、コロナ禍でも感染リスクは低いかと思います。
ただ、大企業などを中心に、「緊急事態宣言下では出張を自粛する」というルールのところも多いのかもしれません。
緊急事態宣言が開けるのを待っていましたと言わんばかりですね。

春休み期間というのも後押ししていることは間違いありません。
一定若い層は人の移動が激しくなると思います。

各地域が対策をしている中で、
コロナ渦が増えていかないことを願うばかりです。
やはりこういうのを見ると、効果は薄まったとはいえ、緊急事態宣言の経済抑制効果は大きいなというのを実感します。
1週間前の日曜日に全日空を利用しましたが、ガラガラでした。
ランチ用に買う空弁が手荷物検査後のエリアには殆ど無い状況でした。
→売り切れではなく、そもそもお店に置いてある数が少な過ぎ

あの2倍であれば、誤差の範囲だと思います。
正しく感染防止策をしながら、移動に関しては旅行は繁忙期や繁忙時間帯を避けながら、step by stepで復活していけば良いと思いますし、復活しなければ、それは日本経済の深刻な危機だと思います。
ANAさんは(JAL他航空関連は皆)コロナ特に緊急事態宣言下ではきつかったと思います。緊急事態が終わりお客様が戻ったのは良いことだと思います。もたたろん、感染しないよう対策は万全であることが前提ですが。
緊急事態解除前の二倍という数字をみると、やはり「宣言」がとくにビジネス客の行動を抑制する力には軽視出来ないものがあったことがわかる。分野別に、緊急事態宣言の効果を分析したら、今後の対応に役立つのではないか?
22日18時現在、ちょうど高松行きの便に乗っている機上の人ですが、満席です。先週末の高知便も既に往復満席でした。便を絞っていることもありますが普通に移動が始まってます。
細かい部分は置いといて、みんなが我慢して貯め込んだその分の元気もお金も使いたくて仕方ないという活力を感じます。
きっとコロナから明けた時にはコロナ前の2倍の力で遊んだり働いたりできますよ。それまで緩和しつつもきちんと締めるところは締めて、もう少しみんなで頑張りましょう。
スカスカの飛行機稼働ほど非効率な経済活動、さらには地球環境破壊の加速はないので、非科学的な緊急事態が建前上解除されて良かったと思います。

渋谷駅上空の飛行機の「密度」が上がりますね笑
ANAホールディングス株式会社(エイエヌエイホールディングス、英語: ANA HOLDINGS INC.、略称: ANAHD)は、東京都港区に所在する日本の会社で、航空輸送事業を主力とするANAグループの持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
1.39 兆円

業績