新着Pick
76Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国のロボットアーム開発はめざましく、投資額も日本と比べると桁が1つ2つ違うのは当たり前。

ファナックや安川電機の得意とする大きさはまだまだ日本優位とはいえ、小型、中型を中心とし田安価なロボットアームやサービス開発となるとうかうかとしてられないのでロボット生産ではなくサービスのほうで進出というのは理解できる。

良い戦略で勉強になります。
ファナックの原点とも言えるFA事業は近年伸び悩んでおり、2020年にはロボット事業の売上高が、FA事業を大きく上回りました。この傾向は今後も続くでしょう。

中国の自動化へのニーズ(コンピューター、家電、通信、医療、物流など幅広い業種からの引き合い)にタイムリーに応えるべく、生産拠点を中国に設け、小型のロボットに注力して供給を増やしていく模様です。

「ロボット本体は従来通り本社工場(山梨県忍野村)など国内で生産し、輸出する。部品の質は日本メーカーの方が高いためだ。」の部分は山梨出身者としてはホッとしました。
記事内の資本装備率の国際比較のグラフが重要。シェア盤石化のための一つの布石でしょう。この先に、ファナックが狙うインダストリアル・インターネットサービスが根付くのかに注目しています。
『ロボット本体は従来通り本社工場(山梨県忍野村)など国内で生産し、輸出する。』という点が最重要。
本社工場と近年投資を加速している筑波工場および壬生工場(栃木)がメインで、かなりの自動工場。だから外部の人はほとんど入れていない、それくらい機密性が高い工場なので、コア部分を海外でやることはほぼ想像できない。
上海工場は記事を読む限り、特に最後のアセンブリやそれを踏まえての検査工程が中心になるだろう(大型製品中心?)。面積的には拡大をした状態で筑波や壬生の半分ほど。
ファナックは上海市で産業用ロボットの工場を増設するとのこと。260億円を投じるのだそう。

「中国経済は新型コロナウイルス禍から立ち直り、「製造強国」を目指して電子機器など様々な分野で生産の自動化を推進している。産業用ロボット自体の国産化も進められるなか、ファナックは大型投資で需要をとらえて中国でのシェア首位を守る考えだ。」
中国経済が活発な様子が伺えます。

業績

Premiumを無料で体験
登録・ログイン