2021/3/22

【津賀一宏】経営危機からイーロン・マスクまで、戦いの9年間

NewsPicks 記者
CEOの退任まであと1週間、その脳裏によぎるものは──。
パナソニックを9年間率いてきた津賀一宏社長が、ついに退任する。
この経営者は、家電中心だったパナソニックに、新しい事業とブランドを与えようとした。
クルマこそ未来の成長領域と考え、テスラとゼロから電池工場を作り上げた。
一方で、25万人を超える日本型の巨大組織は、そう簡単に変化しなかった。
在任時の半ばには、マイクロソフトやSAP、グーグルなどからの外部人材を大胆に幹部登用。一方で、思ったような成長や利益を出せず、華やかな退任とはならなかった。
NewsPicksは、津賀CEOにインタビュー。挑戦と苦悩を続けた、パナソニックのすべてを総括してもらった。

見えなかった「巨大組織」