新着Pick
90Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
厳しい総量的な行動制限など、もはや社会が受け入れないでしょう。それだけ、社会は疲弊しています。ウィズで生きて行く中で、各国とも様々な試みを実施していかざるを得ないのだと思います。

台湾やNZが封じ込めに成功したとして、人口の数や密度などだけではなく、感染拡大のタイミングと気候のサイクルなど、様々な要素がある様に思います。日本は、それでもよく抑えられている方でしょう。
この3度目の対策を非常に強く求めていたのは、医療関係者たちであった。入院者が25500人超、そのうち集中治療室に4350人超、1日の新規陽性者が35000人超という現状の下で、最も深刻な問題は医療従事者の疲弊だからである。今回の措置は、医療関係者の要求と一般国民の感情を両立させようとした感じである。
外出制限の感染抑制への効果は複数の研究で示唆されており、国や地域をかえても再現性があると言っていいと思いますが、常に遵守率が課題になります。同じ政策でも、遵守率によりその効果は大きく変動します。また、より長期に渡ると、有効性は低下することも明らかになっています。

ただ、そのあたりは科学で語らずともすでに納得のいくところかもしれません。特にフランスではすでに3回目という状況なので、これまでと同様に有効となるかには懸念もあります。また、言うまでもなくさらなる経済的な負担、精神的な負担を強いられることになります。

幸い、フランスで優位になっているのは英国の変異株であり、既存のワクチンの有効性がすでに複数の研究で示唆されています。故に、今何より進めなければならないのはワクチン接種であることは明白です。しかし、アンチワクチン活動家が多い背景などにも苦労されている状況なのだと思います。

有害事象の報道が取り沙汰されて以降、ワクチンへの信頼回復の目的もあってか、首相も公の場で接種を受けていましたが、現在の最大の課題は、予防接種をどう迅速に広げるか、それに尽きると思います。
ワクチン接種が始まっているフランスでも感染拡大が止まりません。
イギリスは順調に感染者が減っているので、ある程度まとまった人がワクチン接種をしないと変らないのでしょうね。
日本で効果が出始めるのはいつになるのでしょうか。
パリの市民の対応は、日本で一月に緊急事態宣言が出された時のそれと重なる。国や地域などの広い地理的範囲で事態を収めるにはやはり行動制限だけではなく、ワクチン接種などを急ぐ必要があることを再認識しています。
日本では本日をもって首都圏の1都3県に出されている緊急事態宣言は解除されますが、フランスではパリなどで3度目となる、住民の外出や小売店の営業を制限する措置がスタートしています。
【1都3県 緊急事態宣言 きょうで解除 引き続き感染対策の徹底を】
https://newspicks.com/news/5702131
そう思うと、日本の措置の仕方は緩いんだよなあ。

これで、日本に第4波が来ない事を願う。基本に忠実にやってくしかないな。
フランスの死者は減少傾向でピークの半分以下に減っている
https://t.co/SmLa5Tr0WN

ロックダウンはやるだけの価値は無い
https://t.co/vbf1iH1eN0

ロックダウンは無駄
https://t.co/V4FIAle3LW

封じ込め施策は死亡率と相関が無い
https://t.co/BeD3XIFdkk

世界で最も厳格なロックダウンを行った国が世界最悪の超過死亡を記録
https://t.co/W3cMlBQpJX

ロックダウンは効果が無かった
https://t.co/WQwW2f4MW2

ロックダウンは命を救わない
https://t.co/m2aO34WDOd

ロックダウンの効果、データは否定的
https://t.co/raIkqO4Okv

ロックダウンは大きな過ち
https://t.co/EqUiHGroqX
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア