新着Pick
277Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「負け癖のある選手は、どこかで負けるのを待っている、負けると安心する」と聞いたことがあります。逆に言えば、勝つことが怖いということで、だれでもそうかもしれませんが、未体験の領域に入っていくための勇気というか前向きの姿勢がすごく重要だと思います。受け身のほうが実は楽なんですよね。

それにしても、コーチや監督の大切さ。身が引き締まります。
筋力や肺活量などのフィジカル面は変わらないのに、ある時から急にスポーツ選手が結果を出すことがあります。1万メートルで日本記録を出した相澤選手は、高校時代から強い選手でしたが、東洋大学に入ってから記録を一気に伸ばし、スター選手の1人となりました。

自身が「メンタルが弱かった」と語る相澤選手は、それをどう克服し、成功のループを作ったのか。そのプロセスと考え方は、ビジネスパーソンにも参考になるはずです。
生活改善がポジティブ思考の基盤なのですね。キレイ好きは信用力も高いというのが、融資の基本でした。
かつて仕事で東洋大学の寮にお邪魔したことがあります。
まるで大型の空気清浄機でもあるのではないかと思う位、凛とした空気で張りつめていて、玄関から階段から隅々に至るまで、とてもきれいだったことを強烈に覚えています。努力を継続することで、自信も磨かれたのだと思います。
相澤選手の走りはいつも余裕を感じさせます。
普段の練習よりレース時のペースが遅いからだと思います。

レース当日のメンタルを鍛えるには、レースまでの練習でいかにフィジカルと共に追い込めるか。この記事からその片鱗が見えました。

フィジカルトレーニングとメンタルトレーニングが融合しないとスポーツで結果を残すことは難しいです。
わかりやすいところだと、「体力と気力」を備えておく事はビジネスにおいても重要なことのように思います。
なぜ自分は走るのか。深い…

なぜ自分は働くのか、なぜ自分は生きているか、など指を自分に向けて考えるきっかけになりました。

後悔のない走りをするためには、「前へ」。きっと、辛いときは後ろでも前でも辛い。それなら前で挑戦したいと思う強気の意識が走りを支えているように感じます。

このような選手の内面に迫る記事を読むと一気にその選手のファンになってしまう。普段は陸上競技を見ることはありませんが、相澤晃選手、憶えました。東京五輪の楽しみが一つ増えました。
相澤選手の『弱気だった僕・・・』と語れる強さに深く感銘を受けました。
弱さを受け入れながら、それを力に変えるメンタルを持てることは、大切な事であると感じる。
データや実績などの定量的な要素と、メンタルのコントロールの定性的な要素、どちらも大切にする事で勝負に勝つことができるのでは、と思った。