新着Pick
289Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私がフリーランスの中で最も劣悪な環境にあると思っている職種がアニメーションとテレビ制作(特にバラエティ)です。厚労省や公取のフリーランス保護検討のヒアリングでも真っ先にこれらの職種の方を紹介しました。
JAniCAさん(日本アニメーター・演出協会)のデータが引用されています。いつも完成度の高い素晴らしい調査レポートを出されていますが、読んでいてとても悲しくなります。
アニメーターの多くはフリーランスで労基法の対象外なので、厚労者は動けません。アニメーターの労働者性が認められること、製作委員会のシステムが変革されることを、心から願っています。
ちょっと記事が古いというか、テーマが古い気がする。
制作委員会方式が悪い、やりがい搾取が悪いといった、一瞥的な議論はされつくされていて、実際、Amazonで検索すれば有識者の知見ある本が何冊もヒットする。

自分の結論としては、Amazon儲かっているのに流通業界の賃金が上がらないのと同じ問題で、産業構造の問題でなく、文化として企業が収益性に対して無頓着なのが原因ではないかと思っている。一昔前違い、アニメ業界は儲けるのがほぼ不可能な状況ではなく、儲かるところは儲かりつつあると聞いている。一方で既に新人がフランスや韓国・中国などの比率が増え、日本人が減っているというのも聞く。

個人的には、クリエイターの経済リテラシーの低さが、使い捨てされる最大の理由で、儲ける気がないクリエイターとクリエイティブに対する敬意が低すぎる人の両方がが多すぎると感じる。つまり、教育の問題だと思う。

日本がアニメ・マンガ・ゲームといった世界で通用する文化が生まれた理由は、正直よくわからないが、たぶん幼児教育に関する文化の中にある気がしていて、象徴的なのが、日本人の絵をかける率が異常に高いことだと思う。

そういったクリエイティブに有利な背景があるからこそ、日本人が水といった世界においては重要資源中の重要資源に無関心なのと同様に、才能を守るリサイクルを作るという無頓着なのではないかと思っているが、
ぶっちゃけ、今勃興しているアニメ・ゲーム・マンガなど、既存の財産がが滅んで将来的に困るのは未来の若者ではなく、改善する活動に無関心な既に地位がある人だと思う。それならば自業自得なんじゃないだろうか。

なぜ制作委員会という仕組みができたのかという検討もせずに、制作委員会が悪いとシンプルな結論に飛びつきがちな人たちの無責任さに、怒り心頭な気持ちもあるが、結局滅んで困るのが当事者であるならばもうそれでいいんではないかもしれないという諦念もある。
これまでも幾度も取り上げられているアニメーターの低賃金の問題。Netflixなどでもアニメが人気になっており、コンテンツとしての力は強くなる一方で制作現場はそれほど変わっていないようです。
海外に仕事で行くと「NARUTO」や「ONE PIECE」が好きだ、と話し掛けられることが良くあります。日本が誇るサブカルチャーがこのような劣悪な労働環境から生まれていることに胸が痛みます。
遣り甲斐搾取は色んな業界にありますが、少なくとも生活ができるベースで人を雇用する体制を経営者は努力すべきですし、労働搾取に上に成り立っている業界自体も変革すべきでしょう。
アニメ業界で病気にでもなったら病院すら行けないことが予測されますし、基本的人権は守られるべきです。
どこの業界にもあるとは思いますが、いわゆるやりがい搾取ですね。クールジャパンとしてアニメは世界に通用する日本のプロダクト/ブランドだと思うので、産業として成長するようになってほしいなと思います。
あとは知財ビジネスとして産業としての稼ぎを増やしていくということも並行して必要と感じます。
この手のクリエイターやり甲斐搾取の話って過去何度も色々な形で明るみに出てますが一向に改善される気配無いのはなるほどそういう事なんだなぁーと。今後外資が増える話など、漫画業界も同じ事が起きつつあるので読み込んでしまう良記事でした。
Netflixが、このアニメ業界の搾取構造を根本的に変えてくれることを願っています。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません