新着Pick
12Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
イギリスもワクチン接種が進むが、変異株による感染の拡大という問題も抱える。それでもイギリスはG7、気候変動のCOP26の議長というチャンスであり、なんとしてでも対面で外相会合、首脳外交を実現したいと思っているのだろう。
対面であれ何であれ、開催すれば、ロシアのクリミア問題、中国の香港問題に関して、G7各国とロシア・中国の対立は高まると予想されている。
ミャンマーの問題、中国のウイグル自治区に対する迫害、香港問題など、顔つき合わせて話した方が良い深刻な問題が増えていますから、開催しようという気持ちは分かります。