新着Pick
6Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Liveで見ましたが、資産買い入れと政策金利の運営に関する質問には、パウエル議長が、その都度、手元の資料を確認しつつ慎重に回答したことが印象的でした。

その一方で、雇用に関しては失業率以外の多様な指標を参照する考えを確認したほか、dot chartは(確率分布の意味で)平均的な予想に過ぎない一方、政策運営はあくまで実績を確認した上で行う方針を確認したことで、経済見通し(SEP)とdot chartの双方の意義に疑問が生じています。

これらも、本来であれば、「金融政策の見直し」の中で検討しておく必要があったのかもしれません。
SLR規制一時解除の延長に関しては後日発表とのこと、期限が迫っているので気になります
Premiumを無料で体験
登録・ログイン