新着Pick
69Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コロナ禍になる前の医師会の定例記者会見は、どんな話をしていたのか?誰か教えて欲しいな。

日本医師会って、要はプレッシャー団体なのですかね?
コロナ患者への対応を公立病院に押し付けて、何もしない開業医や民間病院の代表の発言。

「隗より始めよ」
コロナ患者を民間病院が受け入れる措置を真っ先に採ってくださいね。
特措法の立て付け上は「まん延防止措置」は「緊急事態宣言」とは「別立て」で(=独立して)出すことができます。具体的には「緊急事態宣言」が解除されても「まん延防止措置」として飲食店に対する時短営業を要請することができるわけですね。

日本医師会の中川会長がこの記事で言っていることはつまり「まん延防止措置」という建前で「緊急事態宣言」の実質的な延長をやれということにほかなりません。しかし「では何をすればいのか?」という具体的な内容についてはいっさい語らない。「政府はしっかりしろ。国民は言うことを聞け」。その程度のことならわたしにだって言えますよ。無責任ですし何より不可解です。

この発言でも明らかですが中川会長は口を開けば誰かを叱り誰かを罵り誰かの質問には反駁するというまったく不可解な態度を取ってきました。わたしはそれが不愉快で仕方ありませんでした。

最近になってそんな不愉快の原因がようやくわかりました。

菅首相や担当分科会の尾身さんや西村大臣や田村大臣は政策責任者ですからさまざまな発言をします。時には政策の実効性を高めるために国民に対して苦言も呈することもあるでしょう。それは国民の付託を受けた政府の人間としての「説明責任」があるからです。

では中川会長はいったい「どういう資格」で発言なさっているのか?開業医の業界団体のトップでなければただの中川クリニックの経営者です。そもそも日本医師会は国民の付託を受けた政策立案者でも決定者でもなければ実行者でもないのですよ。ましてや中川会長ご自身は。

中川会長には政府関係者と同じ「説明責任」なんぞ最初からありゃしません。政策を頼まれてもいないんですからね。それなのにあたかも政策責任者であるような顔で振舞い発言する。そうなんです「説明責任」もないのに勝手に「説明」する。そして政府を国民を叱りつける。だからわたしは不愉快で苛立たしかったのですよ。

開業医の業界団体のトップであるという肩書きを引っ張がせばただの中川クリニックの経営者。立場は評論家と変わりゃしません。国民に向けて発言されるときはもうちょっと謙虚に語るべきではないでしょうかね。
評論家みたいですね。