新着Pick
3Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
濾胞性制御性T細胞がニューリチンという物質を作ることで、B細胞からのIgE産生細胞へのクラススイッチを抑制し、その結果アレルギーや自己免疫疾患が抑制されることが一流科学雑誌「Cell」に報告されたとのことです。

濾胞性制御性T細胞になる元の細胞は制御性T細胞であり、制御性T細胞は腸内細菌が産生する短鎖脂肪酸の一つである酪酸により分化誘導が促進されることがわかっています。短鎖脂肪酸は食物繊維やオリゴ糖を摂取することで腸内細菌により産生されることもわかっていますので、これらを簡単にまとめると、

「食物繊維やオリゴ糖を摂取⇒腸内細菌が短鎖脂肪酸を産生⇒アレルギーや自己免疫疾患を抑制」

となります。

腸内細菌の種類やバランスは人によって異なりますので、自分の腸に合う食物繊維やオリゴ糖を摂取することが、アレルギーや自己免疫疾患の抑制には重要そうです。