新着Pick
103Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事が言葉足らずとかそういう話ではなくて、これをやめろって話。
>誇張する必要のある学生には「3、4、5のことをいかに10にやったかのように見せるか」指導するようになったという。<

3,4,5のことを伝える際に、中国人には三四五って見せた方が伝わりやすいよねとか、そういう「伝わりやすい見せ方」と嘘は全然違うって。

3,4,5はあまりにもアピールできないものならば、別のものでアピールしたらよいじゃない。自分らしく自分をアピールする、これをちゃんとやらないから10出来そうと思われて入ったのに5しかできなくて怒られる日々が続いたりする。そうじゃなくて「わたしはXが強みです」って言えばよい。Xに興味のない会社には落とされるけど、Xを求めていた企業からは是非入社してほしいと言われる。

マッチングってそういうものなんだって。
就活において多少の嘘は当然ではないでしょうか?

あなたが採用の面接官だとして「御社は滑り止めです」と正直に話した学生を採用したいと思いますか?

同様に、採用側も「ぜひ君に第一線で活躍してほしい」などと言う嘘をつき、入社後は知らんふりと言う事がたくさんあります。
コレを古いって言うジャーナリストがいたりしてなかなか香ばしい。

でも、なんとなく某SNSのセミナーでこの嘘アピールをアドバイスしたら絶賛されたりして。
双方とも誠実対応が最良であり大原則ですが、理念でこの手の機会主義は排除できないでしょう。採用側は果たして嘘はないかも含め。

一義的には、深堀り質問で真贋を見抜くスキルがなかったり、エビデンスを求めるという手間を省いた採用側の問題と思いますが。

そもそもなぜに、盛り放題で検証もできないような口頭アピールを採否の判断なぞに加えるのでしょう。成績表やスコアシートがもっとも誠実かつ本質的な実績ではないですか。
面接で嘘はダメですが、今の学生さんは自分をアピールすることにリスクを感じ過ぎているので、もっと「自信を持った表現」に変えることは良いと思いますし、社会で商品や自分を売り込む時には必要なスキルかと思います。
経験に基づかない話など、聞いてる方からすればすぐにわかります。
嘘をついてもバレない、そう思っている指導者という肩書きの方がいるなら、その方の浅さが目に浮かびます。
色々と考えた末の就活メソッドなのでしょうが、もう少し言葉を選ばないと誤解されますよ。

素直、正直、誠実、ひたむき…etcは後付けが難しい能力であり、伸びる人はその辺りを1つ以上を持っていると思っていますが、いかがでしょうか?
人事はそういう人を探すのでは?だから、必要以上に卑下も誇張もせず、等身大でよいのでは?
違うかな。違ってたらごめんなさい。