新着Pick
181Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
過去のやり方に固執するがあまり、ブレークスルー出来ないのは、営業のみならず開発や企画でも同じ。
やはり目的やゴールありきで、そのための手段や手法は柔軟に対応できる能力こそ、これから求められるものだろう。

著者の伊庭さんは以前ご一緒していたが、気分転換含めてセルフコントロールに極めて長けた方だったなぁ。
人にありがとうを言われると、ささいなことでも、言葉で表現されると、また頑張ろう、そのお客様のためにまたチームの人のために、という気になりますよね。
これって、小さな幸せを感じるときだと思うのですが、感謝の言葉は、だからこそ、文字にそして言葉に出して伝える必要があるのだと思います。リモートで人に会えない中でも、感謝のありがとうを忘れずにですね。
小さな幸せの積み重ね、総和が本当の幸せと感じるところです。
不可抗力で目標達成が厳しくなったとき、、まさに今は、この状況に直面している業界が多数ありますが、先を見据えると、大きく飛躍できるチャンスでもあります。そして、その苦境に携わることは、自分のキャリアにおいても糧になる部分がある。そこをしっかり見極めて、取り組むことが大切です。
目標達成が厳しくなったときこそ、「新しいやり方」にトライすることは絶対のセオリー、というのは面白い。どうしてもこれまでのやり方をセオリーと思いがちですよね。
株式会社PHP研究所(ピーエイチピーけんきゅうしょ、英語: PHP Institute, Inc.)は、パナソニックの創業者である松下幸之助によって創設され、出版を主体とした事業を展開している。2010年10月1日、それまでトータルシンクタンクを標榜し株式会社PHP総合研究所という名称であったが、子会社で出版社であった株式会社PHP研究所を吸収合併し、その名称をPHP研究所とした。 ウィキペディア