新着Pick
10Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私はエネルギー問題の勉強したかったのですが、日本には該当する学部が機械工学で発電所のタービン設計する所くらいしか見当たらなかったので、一番難しそうな京大理学部に入ったのですが、ちょっと遠回りし過ぎたような気もします。

感情と脳の勉強ということですが、「脳科学」と銘打つものはあやしいポップサイエンス化してしまったので、現在の学問の世界ではほとんど「神経科学」と言うことが多いです。それでも「認知科学」も「認知神経科学」と名乗るようになったりと、「神経科学」も若干バズワード化しつつあるように思います。

確かに、神経科学の知見により、100年来の心理学や最近の認知科学の知見や大前提が覆ってしまったりしているので、神経科学を学ぶことは有用とは思いますが、結局何を学びたいかは本人の納得の問題なので、自分が気になるアプローチに進むのが最も良いと思います。

最近は動物の感情研究がホットですね。そういう意味ではいわゆるマクロ生物系、つまり動物行動学の系譜は(もし動物がお好きならば)面白いと思います。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン