新着Pick
306Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
そもそもM&A総合研究所さんによる同社の宣伝記事であるということはさておき、僕はこのM&Aの話には必ずついてまわる「これだけの失業者数と経済損失が出そうで大変!(記事では650万人の失業と22兆円の損失)」という単純な考えにはなかなか同意できないと感じています。

何故なら、高齢で廃業する経営者もいれば、それこそビジネスチャンスが生まれたと思って創業する経営者もいると思うからです。

もし廃業する会社が満たしてきた社会的ニーズが残っていれば、必ずその隙間(ニーズ)を埋めようとする企業が出てくるものです。

例えば、コンビニが重宝されているところで、高齢でコンビニを辞めるオーナーがいて退店しても、あらたにその近隣でコンビニを始めるオーナーがいるでしょう。だってそれだけ退店するコンビニへの来店が多かったら、新規でコンビニを始めるにもリスクが低いからです。

M&Aの議論は、その高齢でやめるコンビニを誰が引継ぐ?みたいな話しのように感じていて(もちろん規模は違いますが)、別に誰も引き継がずに退店しても、そのコンビニが流行っていたら必ず新規オープンする店は出るので、また雇用は生まれると思うのです。

例えば、東日本大震災で被災して再起できない会社がありましたが、一方で仙台は政令指定都市のなか全国2位の起業率を誇っていました。

もう1つ欠かせない視点としては、現在の高齢の方が経営する企業は今黒字でも、これからのDX時代に同じようなビジネスをしていけるかどうか、というところだと思います。

そういう会社を単純にM&Aで仲介するのもどうなのだろうと感じます。

いずれにしても国としては、いかにM&Aを活発にするかよりも、いかに新規創業をしやすい環境をつくるか、いかにスムーズに(赤字でも)会社を辞めることができるようにするか(借金があって辞めたくても辞められない方もいます)、起業家を称える社会づくりを進めるか、などの取り組みも考えてほしいところです。
企業が倒産するからGDPが失われるのではなく、市場がないので企業が生き残れない
この連載について
SBIホールディングス株式会社(エスビーアイホールディングス、英語: SBI Holdings, Inc.)は、日本の金融持株会社である。商号のSBIは、元々ソフトバンクグループの金融関連企業として設立されたため「SoftBank Investment」の略であったが、その後同グループを離脱し「Strategic Business Innovator(戦略的な事業の革新者)」の略に変更した。 ウィキペディア
時価総額
7,383 億円

業績