新着Pick
204Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
どうして一律に禁止するのか全く意味がわかりませんが、現教委の関係者もなんでそうなってたのか経緯を全て理解している人はいないと思います。なので、各自の状況に合わせて選択できるよう、さっさと改定すれば良いと思います。

過去の思考停止によって現存する化石のような悪習はどんどん修正する他ありません。法律や条例も含め、時代に合わせてルールや仕組みは変化する。その共通認識が学校・教委には特に薄いことは文化的問題です。文科省・県教委なども連携し、全国的に悪習の見直しをやるタイミングでしょう。

また、本件、川崎市議会の山田瑛理議員の質問で争点化されたようですね。議員が動くことで解決できる社会課題が色々あるわけです。政治の良きパワーをどんどん示していただきたいですね。
本当に禁止なのか?であれば異常ですね。
「運動後の汗などによって、体を冷やさない等の児童の健康面や衛生管理面の配慮」であれば、寒い季節のみ着替えの下着を持たせれば良いし。ちょっと何言ってるか分からないルールですね。
自分の子供がこういう扱いをされたいのだろうか?
行動の指針として 自分の大切にしてている人と同じ気持ちで接することが最低限の行動指針。
「健康面や衛生管理面の配慮」と言いながら、保護者に周知していないのは矛盾以外の何者でもありません。

児童に対する性的虐待と捉えられても仕方がないと思います。
本文読みましたが、さすがに狂っているとしか。
こういう状態が放置されてきたことの責任は誰かがとるべきかと。
結局仕組みの問題だと思います。

>担任の男性教師が個別に児童を確認し“胸の成長”を確認できた場合のみ着用を認めるケースがある
>「運動後の汗などによって、体を冷やさない等の児童の健康面や衛生管理面の配慮から、主に低学年の児童に対して肌着を着用しないよう指導している学校が一部あることを確認している」
なぜこのような指導を行われたか、疑問に思います。
子供を学校に通わせてから、日本の学校に「ルール」が多すぎると感じました。一体何のためのルールでしょうか。

「昔からやってきたから」のは正しいのではなく、「創造力豊かな子供を育てる」ために何が良いか、考えていただきたいです。

このような記事もありました。
「中学校則「下着は白」、教員が目視で確認…弁護士会「明らかな人権侵害」」
https://newspicks.com/news/5386409?ref=search&ref_q=%E4%B8%8B%E7%9D%80%E3%80%80%E7%99%BD&ref_t=top
体調管理や快不快は本人の感覚に任せればいいのに。保育園児でも年長になればそこは信用できると思います。ましてや男性教師が目視で確認とか、気持ち悪すぎです。ただ、こういった形で問題提起してもらえるのはありがたいですね。これをきっかけに子どもの人権を侵害した決まりは見直していきたいですよね。
??????
こんなことが実際に行われていたということにただただ驚きます。

「運動後の汗などによって、体を冷やさない等の児童の健康面や衛生管理面の配慮から、主に低学年の児童に対して肌着を着用しないよう指導している学校が一部あることを確認している」
着替えたいという生徒は着替えられるようにすれば良いと思います。
実際肌が弱くて、汗で肌が荒れる子供もいると思いますので。
学校という閉鎖空間における「異常」ですよね。誰がいつそういう判断をしたのかを検証する必要があります。
子どもたちが納得する合理的な理由がどこにあるのか、まったく分かりません。子どもへの教育は、一律に強制することではないはず。柔軟に対応してほしいと思います。