新着Pick
386Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
先週ワクチン接種を受けました。注射の痛み自体はほとんどありませんでしたが、翌朝から肩を軽くぶつけた後のような筋肉痛(接種部位の痛み)と、風邪のひきはじめのような軽いしんどさがありました。筋肉痛はデスクワークでは問題ないですが、重労働がある職業だと支障があるかもしれません。接種から2日後にはいずれの症状もなくなりました。

ワクチン接種を受けること自体、移動を含めると半日がかりになると思いますし、接種の翌日は人によっては休まざるを得ない場合もありえますのでこういった制度は検討されるべきだと思います。個人レベルでは、「接種の当日や翌日に重要な仕事の案件を入れるのは避ける」という対策は取ることができます。

企業側としては、社員がコロナに感染してしまった場合にその濃厚接触者となった社員を含め数週間出勤できなくなるリスクを考えると、こういった制度を利用してワクチン接種を受けやすい環境を整えるのは、メリットが大きいと考えます。
本文中にある『職場での接種』ができるようになると、圧倒的に接種しやすくなると思います。

接種したくないわけではないけれど、物理的にわざわざ仕事を休んで接種しに行くというのが行動変容の障壁となりうるため、接種へのアクセスのよさ(予約のしやすさや、仕事中に接種できる、など)は重要です。

ディープフリーザーが必要なmRNAワクチンの場合は難しいでしょうが、今後承認されるワクチンによっては検討される価値はあると思います。
必ずしも重い副反応が頻繁に見られているわけではないものの、頭痛やだるさ、発熱などの症状が1-3日ほど出る方もそれなりにいらっしゃいます。私自身は幸い痛みもほとんどなく、その他の副反応も経験することなく既に3ヶ月が経過しましたが、同僚の中には休みをとる者もいました。

ワクチンの副反応への不安を抱える方もいらっしゃる中、休みの取りやすい環境作りは安心してワクチン接種をしていただく上で重要な取り組みだと思います。

会社内でもワクチン接種のタイミングを少しずつずらして交代で休みを取れるようにするなどの工夫もできるかもしれません。ワクチンの待ち時間を、そのような工夫を凝らすことに活用できれば、より多くの人が前向きにワクチン接種ができることにつながり、有意義だと思います。
なぜか日本ではワクチンについて、欧米より議論がされていないように思ったので、アジア全体かと調べてみたら、アジアではワクチンに対する信頼度が低いという記事(BBCだったと思います)を見つけました。中でも日本は一番低い国の一つ?と。人口の多くがワクチン接種しないと、怖くて、経済活動を初め、色々な活動ができないと思うので、色々なやり方でワクチン接種を促進すると良いと思います。この働きかけはその一つでは。まずワクチンという順序だと思うのですが。。。職場で接種も進められると良いのでは。
発信力のある河野氏が担当になったのですから、どんどん発信してほしいです。必要な数のワクチンが入ってこないという悪夢もありますが、入ってきてもワクチン接種を望む人が少ないという悪夢もあります。後者の可能性は低いとは思われますが、事前に対策を打つことは大切です。また、経済界が動くと間接的にコロナ対策への意識を高めることにつながります。お花見や送別会のクラスターはかなり心配なので、その対策にもなります。いずれにせよ、ソーシャルで存在感のある大臣のYouTube発信が注目されることを願います。
海外ではレクチャーを受けた警察官が接種したりしていますが、アレルギーなどに心配を持つ方がおおい日本ではなかなか難しいでしょう。

であれば、接種率をあげる施策はできるだけとるべきですよね。
その方が経済早く回りやすくなることも期待できますし。
わざわざ大臣に言われなくも、「社員は会社の財産」と言い切る経営者は、自発的に社員の予防接種を推奨する仕組みを作るべき。
国に決めてもらわないと対処できない国家は、国民が「考えること」をしなくなるようで怖い。
【ワクチン休暇】

ワクチンの正常な副反応に

接種部位の痛みや腫れ・全身のだるさ・頭痛・発熱など

があります。

接種後はコロナに抵抗力がついてくる‥と考えれば

理解可能ですよね。

でも‥このワクチン接種のことに限らず、

調子が悪い時には普通に休める社会になるべきですよね。

本来は‥。
そこまで言わないとダメってほんと社畜だなぁ笑笑
とても良い動きとは思いつつも、日本はこうやって大臣に言われないとなかなか休みも取れないのか、と改めて驚きです。