新着Pick
72Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
そらそうでしょう。

Full Self-Drivingという名で販売し、ベータ版を顧客の了承を得て提供しながら、当局には「完全自動運転ちゃいまっせ」なんて報告するのが罷り通るなら、そらアナーキーとしか言えんでしょ。

いくらオーナーがベータプログラム免責事項に了承して人柱になったとしても、公道を利用する他の方々や当局はそんなの了承してません。

この行為が、公道を利用する多くの人の命や資産を巻き込むという感覚が抜け落ちてる事自体、恐ろしいとしか言えません。
そもそもテスラは自動運転ではなく、運転支援。また完全自動運転は存在しえない。
Teslaの強みは以下の部分に顕著に表れています。

テスラは、βテストに参加した全てのβテストユーザーに対して、データをモニターできるので、明らかな違反行為などがあった場合は、即座にその権利を取り消すことができます。

これはテスラが充電インフラを自社整備することで、充電時に販売済みの車両から、多くのデータを吸い上げることが可能だからできることです。

逆に言えば、そういったことができない状況では、IT業界で普通に実施されているβテストの概念をクルマに持ち込むことは不可能とも言えます。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません

(以下、記事中から引用)
なお、NTSBがテスラのFSDベータテストに対する不満が明るみになった翌日、テスラのイーロン・マスクCEOは最近2000人にまで増やしたベータテスト参加者のうち周囲状況に注意を払わなかったベータテスターについてFSDソフトウェアのアクセス権を取り消したと述べました。そして、これまでにベータテスターによる事故は発生していないと述べています。ただ、具体的に何人のアクセス権を取り消したのか、どのような基準で取り消すことを決めたのかといった詳細には触れておらず、規制を強化しようとするNTSBへの牽制のために、とってつけた発表のように聞こえなくもありません。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
実態はレベル2なんでしょう?
米国家運輸安全委員会の動きなのだそう。
時価総額
81.9 兆円

業績