新着Pick
158Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「そのポイント、誰のもの??」という記事や議論が乱立し、「定期代を支払っているのは会社なのだからその分のポイントも会社のもの。よって、定期代一部減額。」などという理由で、膨大な事務手続きに疲弊する人が続出することがないように願いたいです。

https://www.jreast.co.jp/offpeak_repeat/

(追記)
成相 俊二さん、はやりそうですか。仕方のないことだと思うものの、その計算や手続きに一体どれだけの人件費と時間を浪費しているのか、誰かにちゃんと計算してもらいたいものだと思っています。

そして、そもそもそうなるならポイント還元の意味はほぼなくなりますね。
従業員の意思で時差通勤が可能になる訳ではありませんし、ポイントくらいで企業の経営陣が時差通勤の導入を検討するとは思えません。

時差通勤を導入した企業がJRや私鉄各社に申し出て実行した場合、「株式会社〇〇様は社会のために時差通勤にご協力いただいています」という広告を車内に掲示してはいかがでしょう?

企業のPRとイメージアップにつながるので、経営陣も積極的になるのではないでしょうか?

とりわけ、会社名があまり知られていない新興企業にとっては無料で広告を打つことができます。
時差通勤を要請するだけでは人の動きを長期間制御するのには限界がある、
電車での通勤が「紙のキップ」から電子マネー(Suica)に置き換えられたから
こそ可能になる実質的なダイナミックプライシング。「要請」とか「罰則」でなく、こういう賢い動きが人の流れを変えていくと言う事例がますます増えてくるはずです。
以前にJRでダイナミックプライシング検討との記事がありましたが、そこに向けたテスト的な動きでしょうか。

JRのダイナミックプライシングはこちらが詳しかったです
https://diamond.jp/articles/-/244842

オフピークポイントサービスのサービスページはこちら
https://www.jrepoint.jp/campaign/B210113001/?back=1
すでに16万人がエントリーしているみたいです。会社の出勤時間、家族の生活もあり、だれでも参加できるキャンペーンではないかもしれませんが、通勤が分散化されるきっかけにはなりそう。
オフピークできる企業はすでに「リモート推奨&出社時のみ交通費支給」の体制になっています。
前から議論にありますが、通勤手当を支払うのは企業なので価格変動制を導入しても時差出勤にするインセンティブにはならない。

どの時間帯で電車を利用したかの把握が面倒過ぎて、不満が爆発する未来が見える。
JREポイントは重宝します。オートチャージのSuicaカードを登録しておけば自動的に貯まりますし。貯まったポイントはSuicaチャージやグリーン券の購入といった乗車サービスのほか、クレカと同様かそれ以上の選択肢がありますし。個人的にはSuicaのペンギングッズがお勧めです。
時差通勤によるポイント還元、週明けからなのですね
「平日の朝、JREPOINTに登録したSuica定期券で時差通勤すると、ポイントがたまる」のだそう
ピーク帯に入退場出来ない割引き運賃とか定期券作った方がって書いてる途中で気付いたけど通勤時間帯に私用で乗る人達に分散を促すって事なのかな。
実質そうとしかならない気もする。

後はJR系の会社って割と9-17じゃないから自分の所の社員向けって可能性も。
東日本旅客鉄道株式会社(ひがしにほんりょかくてつどう、英語: East Japan Railway Company)は、1987年4月1日に、日本国有鉄道(国鉄)から鉄道事業を引き継いだ旅客鉄道会社の一つ。通称はJR東日本(ジェイアールひがしにほん)、英語略称はJR East。切符の地紋には「E」と記されている。 ウィキペディア
時価総額
2.88 兆円

業績