新着Pick
731Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
たった一つの遺伝子の、たった1文字の変異が、高次の思考を司る大脳皮質の拡大の要因だった。

一般的に、因果関係を証明するには実験的な介入が必要です。脳の研究においても、遺伝子の改変により、遺伝子が脳にどのような影響をもたらすかを研究する潮流があり、その1つの成果ですね。

大脳皮質の大きさは、人類と他の動物との大きな違いであることは間違いない。ただ、大脳皮質における高次の思考だけが人間らしさを生んでいるわけでもない。脳内では、複数の領域が複雑に機能しあっていることも分かってきている。

遺伝子のたった1文字の変異が、人間らしさの全てを決定するわけではないと、冷静に見るべきかと思います。
人気 Picker
人はなぜ、大きな脳を獲得したのか。今回の「ディープな科学」は、その謎に迫る注目の研究成果をご紹介します。

岡野栄之教授には私が科学記者になった2006年頃からたびたび取材させて頂いてきましたが、これまではもっぱらiPS細胞を使った脊髄損傷の再生医療がテーマでした。

岡野教授が再生医療と並行して進めてきた脳の研究について、じっくりお話を伺ったのは今回が初めて。後半ではさらなる「人類の進化」の可能性についても話題になりました。

もし見逃していた方は、昨年の特集「脳の世紀」もぜひ合わせてご覧ください。
https://newspicks.com/book/2680?ref=search&ref_q=%E8%84%B3%E3%81%AE%E4%B8%96%E7%B4%80&ref_t=top

追記(3月15日11:55):記事中の1枚目の図版「ヒトの脳の進化」を一部訂正しました。
突然変異は、病気の発生時にかなり頻繁に起きているとのこと。

突然変異ではありませんが、「知恵熱」という昔から伝わる言葉があります。子供が乳歯がはえるころ熱を出すことですが、この後一気に知恵がついてくる。

何かがきっかけで、1文字が変わる。神秘的で、奇跡的です。
慶應の岡野さんがNewsPicksに登場! 脳の進化についてのお話です。是非お読み下さい! 

ちなみに、遺伝子の変異が生じるのはウイルスだけではありません。すべての生き物で生じうるものであり、それが進化にも繋がるのです。
猿の惑星のような話。さくっと書いてるけど結構びっくりしますね/つまりヒトは、「大きな脳」を持つことで初めてヒトになったとも言える。では、ヒトに至る進化の過程で、脳はいつごろ、なぜ大きくなったのか。その謎に迫る重要な発見が、昨年6月に米科学誌Scienceで報告された。驚くべきことに、キーとなる遺伝子をヒトでない霊長類の実験動物に導入したところ、実際に脳が大きくなったという。
遺伝子改変マーモセットの実験でモヤモヤしたのは、
テクノロジーの発展に法が追いつかない例で、
それは倫理的な議論をする人口が少ないことが関係してるのだろうか、と思ったからかもしれません。

知能が高くなるかもしれない個体を誕生させる可能性への懸念に対する回答。
『動物の受精卵にヒトの細胞を注入した「動物性集合胚」から個体を誕生させることは国の指針で禁止されていますが、今回の受精卵はヒトと同じ遺伝子が入っているだけで、ヒト細胞が入っているわけではない。指針の対象ではなく、個体の誕生も禁止されていません。
今回に限らず、ヒトと同じ遺伝子を持つよう遺伝子改変した動物は昔からたくさん作られていますしね。
ただし、結果としてヒトに近い大脳皮質を持った動物がつくられること自体をどう考えるか。そこはおそらく、生命倫理的な議論があるところだと思います。』


ビジネスやエンジニアリングがカッコいいし稼げるから文系はやめとこうという風潮の中で(私にはそう見える)、どれだけ倫理的な議論を盛り上げていくかが、
人間性や野生性、自然に沿ったテクノロジーの発展へ繋げる為に大事なことだと思います。
人は、進化し続ける。
ワクワクも、怖くもあり。
また、一文字の変化がどのように種全体を進化させるか。
これは今の人類になったときとは状況が違うため、一つの種になっていくのか、分化する可能性は?など含めて考えさせられます
まさにSF。でもこれが現実なんですねー!
一文字だけ変わっている新人類も既に誕生しているのでは?と思ってしまいますね。わくわくします。
一人で発症した突然変異が、種族のレベルまで増加する過程についての解説を追加いただけるとありがたいです。

どのように受け継がれていき、どのように増加することで、種族というレベルまで数が増えるのか…

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません