新着Pick

「30泊36万円」超高級ホテル暮らしは定着するか

東洋経済オンライン
緊急事態宣言の延長とともにGoToトラベル事業の再開も遠のき、ホテル業界の受難が続いている。帝国データバンクの調査では、2020年の宿泊業の倒産は127件と、過去3番目の水準だ。同社東京支社の丸山昌吾情報取材課…
140Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これまでも高級ホテルを住宅代わりにしている人たちは存在していました。少数であったとしても「ホテル暮らし」は既に定着しています。
これからは宿泊施設のカテゴリーや顧客に合わせた滞在サービスが多様化していくだろうと思います。個人的には世界展開しているホテルチェーンの定額制プランがあれば利用してみたいですね。
私は定着してますが笑
中長期的な視点で自社のブランディングを確立していくことが大切。単価を落として長期滞在をターゲットにしたり、あえて価格維持で経営を続ける等、値付けが全てではない。方法論に固執するのではなく、誰に向けて価値を提供していくかが本質であり、そこに顧客との信頼関係構築の要素があると思います。
食事、掃除、洗濯など面倒なことを全てやってくれるのでホテルに住んだら生産性はめちゃくちゃ上がると思う。高級カフェテリア付きフルサービスマンションとか出てきたらホテルとの境目がなくなってきそう。20回以上引っ越してる自分からすると全然あり。
利用者数は別にして定着するかと思います。

実際、都内ホテル、それも23区内なら、食事・買い物・暮らしのサービスなどどれも周辺にあります。困ることは少ない。

例えば、長期プロジェクトでカンヅメの期間などにも行けそうです。(無い方が良いですが)
仮にこの価格で今後も続けることができるのであれば定着する可能性もあると思います。ただ、景気が回復したときに価格が上昇すれば難しいのかもしれない。
定着すると思います
伯父(関西人)起業時代、2年間は帝国ホテル住まいでした。
金額忘れましたが、もともとかなりリーズナブルな設定だったかと。
インバウンド需要が戻るまでの繋ぎなので、空けておくよりはマシ程度だと思います。
マンスリーにしてしまうと単価が数分の1とかになりますから。
株式会社帝国データバンク(ていこくデータバンク、英語: Teikoku Databank, Ltd.、略称: TDB)は、企業を専門対象とする日本国内最大手の信用調査会社である。 ウィキペディア

業績