新着Pick
276Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
もうご存知の方も多いかもしれませんが、このニュースとともに「有害事象」と「副反応」の違いをご確認ください。

・有害事象:因果関係の有無に関わらず、ワクチン接種後に起こった全ての健康上の不具合
・副反応:ワクチンと因果関係のある健康上の不具合

記事の報告は全て「有害事象」に該当しますが、「副反応」に該当するかどうかはまだ分かりません。

すでに世界中で3億回以上の接種が進んでいます。残念ながら、3億人の人が生きていれば、ワクチンの接種の有無に関わらず様々なタイミングで病気になったり命を落としたりというイベントが生じてしまいます。そして、これがワクチン接種のタイミングと重なることもあります。

本記事で紹介されている血栓症で言えば、因果関係の知られているリスクとして、ピルの内服や飛行機の使用で若い人にも血栓症が起きうることが知られています。一方、これまでのワクチンについては知られていません。

ただ、全ての「有害事象」を集め、自然発生率よりも高いかどうか、あるいは自然発生では見られないような事象がまとまって観察されないかどうかを慎重にモニタリングすることが大切です。これにより「副反応」かどうかを確認することができます。

有害事象は、それらの情報や数字をいいように用いて、ワクチンの危険性を語るためのものではありません。副反応を明らかにするためのプロセスであり、副反応と明らかになった時点で、ワクチンのリスクと考えられます。
【関連を調査】

している段階ですので、アストラゼネカ社製のワクチンと血栓症が関連している「副反応」なのか、「有害事象」なのかはわかりません。

知っていて欲しいのは、

人はワクチン打とうが打つまいが、毎日、どこかで、誰かが亡くなっているということです。

今後の情報を待ちましょう。
医療従事者でさえこのような報道を全て副反応だと思い込む人も多いです。ワクチンとは無関係の有害事象である可能性もあるということはしっかりメディアは伝えるべきでしょう。
「接種後に血栓ができる事例が報告された」ことで副反応を疑って一時的に接種を見合わせるというのは分かるのですが、副反応の可能性を調査するならオーストリアなどが「特定のバッチ番号」に限定するのは何故なのでしょう・・・ 製造過程で問題が起きた可能性の方が高いということでしょうか (・・?
こちらの山田悠史医師の記事はとてもよく読まれました。
ご参考になれば。
「ワクチン接種後の死亡事例」報道をどう理解するか
https://mi-mollet.com/articles/-/28298
本当に因果関係があるのか、あるとしたらリスクの割合はどれぐらいか、生物的に理解されうる事象なのか、などが大事ですね。しっかり科学を理解していきたい
ワクチンには必ずこういった危険性があるのだと素人的には理解してるつもりだが、血栓ができて脳梗塞になった経験があるので血栓には反応してしまいます。
デンマークでは2週間の中断と。コロナ対応は未踏峰を登っているようなものかなと思いました。過去の経験と最新の装備を駆使しつつ、当初は登ってみて怪しかったら止まって様子を見て、足元を確認しつつ登っていく、といった感じになるのではないでしょうか。ルートの安全性が確認できれば、後の人はたどるだけですみますが。
品質とスピードはトレードオフということでしょうか?医療のことは疎いですが、政府含めた意思決定の難しさを拝察はします。

---
このほか関係筋の話で、イタリアで男性2人がアストラゼネカ製ワクチンの接種後に死亡したことを受け、当局が特定のバッチ番号の同ワクチンの使用差し止めを命じたことも明らかになった。
これを読むと明確な因果関係まではわからないけれど、血栓でなくなった女性がいるのでとりあえずやめたという感じですね。

業績