新着Pick

これからのリーダーに必要な「組織・チーム」の動かし方

ライフハッカー[日本版]
『これからのマネジャーは邪魔をしない。』(石倉秀明 著、フォレスト出版)より、これからの時代に必要なマネジメントとは何かを解説します。
332Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これから組織が成長するには、VUCAな時代に変化激しく明確な解がないわけですから、組織構成においてはダイバーシティ多様性を重んじられ、それぞれが同じルールではなく、カルチャーとして良い振る舞いができるような文化醸成が求められます。マネージャーとしての振る舞いも、同じ同質の人に育つことを求めるのではなく、より多様性ある人材がそれぞれの強みを出せるようにするのは何が良いのかを常に考えていく必要があり、それがエンゲージメントにつながることが必要です。
ある種のコミュニティであり、仕事とそれ以外の時間ライフが両方ともにインテグレーションされた総合的な過ごし方ができるようになるといいですよね。ライフまでを総合的に見て、最適解をそれぞれが見出せたら、組織としても強くなるのだと思います。
当事者意識と自発性。

それを生み出すのは、ルールではなくカルチャー。同感です。

リーダーがメンバーに何かをさせるのではなく、一人ひとりが当事者意識を持ち、自発的にゴールを目指して動く。

優れたリーダーが、実践してきたことですね。思い当たる人は、これからとか言っていないで、すぐにあらためましょう。
企業の強みの源泉を考える観点で「VRIO」というフレームワークがあります。

V:経済価値(Value)
R:希少性(Rarity)
I:模倣困難性(Inimitability)
O:組織(Organization)

特に最後の「組織」は、経営資源を有効に活用できる組織があることは、企業の大きな強みとなります。企業を自律的に強くする文化を構築することがカギとなります。
いいことが書いてありました。チームメンバーが心身ともに健やかであり仕事へのモチベーションが高まるようにできれば、いい仕事ってできると思います
高齢のマネジメント層は、凝り固まった既成概念を変えるべき。当たり前だと受け入れてきたことに対して、問題提起して考えてみれば、改善できることはたくさんある。若手は柔軟です。