新着Pick
30Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日米、米韓の2+2会談のあとに米中の外交トップが会うのだから、インド太平洋地域の安定、南シナ海問題、台湾問題、ミャンマー問題、気候変動が議論の対象になる。北朝鮮問題にまで話が及ぶのかどうかに注目。
バイデン政権のアジア外交の軸は中国だが、ブリンケン国務長官はアジア歴訪の後だけに、まずは同盟国との足場を固めた上で中国と対峙するという姿勢。これまでの一方的な圧力という話にはならないだろうが、どこでバランスを取るのか見もの。
日米、米韓の2+2会談の位置づけがさらに重要に。
米中双方が外交関係を相当程度重視していることを表そうとした結果、リアル対面による会談になったということでしょうか。外交はサインの送り合い読み合いというところでしょうか。
バイデン政権発足後、米中高官の直接会談は初となります。