新着Pick
213Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
UNIQLO Payの展開目的は、会員証提示と決済を一体化させることで、購入者の手間を削減することだけだと宣言されています。

UNIQLO Payは銀行口座やクレジットカードと紐づけられるので、ちょくちょくUNIQLOで買い物をする顧客視点で言えば、設定さえしてしまえば、購入のひと手間が削減されることになります。

価値の大きさは微細ではありますが、少しでも買い物体験を磨きこんで、差別化をしていく姿勢は素晴らしいです。

投資対効果が合致するかだけが気になるところです。
セブン-イレブンさんでは、
これまでは、
「セブン-イレブンアプリで会員バーコードを出す→PayPayのバーコード出す」でしたが、
今は、
「セブン-イレブンアプリで、バーコードを出す(PayPay支払い完了)」
になり、とっても、便利になりました。
便利以上に、後ろにいる人への変な配慮がなくなり、精神的不安が無くなりました。
これが、セブンPAYだったら、PayPay払いにするために、同じ2度手間をしてたと思います。

ユニクロさんでも、PayPayなどとの連携をして一回のスキャンで会計まで済ませられるようになると予想しています。
ユニクロの決済は以前まではホワイトレーベルだったと思います。つまり他社開発の決済システムを利用してユニクロブランドを付与。そこから自社開発に移行したかもしれませんが、様子見である理由はいくつかあるでしょう。サービス乱立している中、キャッシュバック資金を大量に投下してユーザー獲得すりわけにはいかないですし、他店での利用が可能でない状態でどこまで伸びるかは限定的。

しかしその反面、サービスの発展系は色々な可能性を秘める。まず消費者が好むことが実証されているものの自前の本格的なポイント制度はまだないので決裁という全員が通るタッチポイントを押さえると新たな取り組みが売上に影響を及ぼすようにもなるでしょう。マイレージのように会員層を分けて差別化されたサービスを提供したり、店舗での購入とECでの購入も繋げることが出来ます。より高精度なダイレクトマーケティングとかコラボ製品が売り切れる前の優先権など夢は広がるばかり。

年に一回買い直しているヒートテックやエアリズムのTシャツや靴下がほぼ自動で届く日が楽しみです!
ユニクロの決済参入について、担当者の方へのインタビュー。
ユニクロでしか使わない決済アプリをあえて入れる・使い続けるユーザーの母数はどれくらいだろう?ただヘビーユーザーへのエンゲージメント施策と考えれば、ユニクロの規模ならいける?
https://newspicks.com/news/5547114
本当に「会計待ちの列の解消」だけが目的でしょうか?

将来的に、個人相手の金融サービスに参入するための布石だと考えるのは、買い被りすぎでしょうか???
記事では触れられていないが、小売の通説として、レジ待ちが短くなると売上が上がると言われている。今回の施策でどれくらいの短縮が見込めるかは微妙だが、都心のクレカ利用比率の高い店舗で集中的にプロモーションを展開をすれば、比較的費用対効果を実感しやすくなるのではないか。
確かにあまり大きくアピールしている印象はなかったユニクロペイ。逆に興味深いです。「いつも新サービスを始めるときはサイトやSNSで大々的にアピールするが、今回はしていない」
簡単に書いちゃってくれてますが、相当投資していると思いますよ。POSの改修とアプリ開発、ポイント基盤とバーコード決済との連携と、決済手段の新規追加以上に改修・教育コストはかかっていると思います。
レジ待ち解消だけに導入するわけが無いと思いますが、、、ユニクロの企画部は楽しそうですね。
使ってみました。
確かに会計がワンステップ短縮されて快適でした。
決済がUNIQLOでも結局はクレジットカードに紐づけられているので、
顧客の手間を減らしながら与信などUNIQLOにとって煩雑な金融ごとは回避することができる。ひとつのサービス向上策としてはいいと思います。

ただ、何ちゃらPayが多すぎますよね。SUICAのようにサービスプロセスの一つとして当たり前に提供してくれる日が早く来るように祈ります。
アパレルは、やはり、試着が必要なため、完全にECにするのは難しいものです。
では、店舗がありながらも可能な限りECに近いユーザー体験を用意するには?

という問題に対する回答のように思います。
試着以外の要素は極力カットし、限りなくスムーズに合理的な購入体験を用意する。

極端な話、試着したなら、あとはアプリで買い物を出来た方が、持って帰る手間もなく楽です。


考えてみればアマゾン、楽天、メルカリ以外で定期的に使っている通販アプリって、私はユニクロだけですね。
単独ブランドでこれは、ものすごいことのように思います。

ユニクロのユーザー体験の作り方には、学ぶことが多いです。
株式会社ファーストリテイリング(英語: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界のカジュアルの企業の中での売り上げは第3位である。 ウィキペディア
時価総額
8.37 兆円

業績