新着Pick
10Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ECBは、今週の理事会で、PEPPの運営のメルクマールとしての「資金調達条件」について解釈を示すことが予想されています。

記事のように国債利回りに上昇圧力が残る中でもPEPPの買入れを抑制したとすれば、ECBはそれ以外の市場での「資金調達条件」、つまり企業や家計向けの貸出金利や、社債市場のスプレッドなどをより重視していることを示唆しているように見えます。