新着Pick
332Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今年の夏以降は東京都議選(6-7月)→東京五輪パラリンピック(7-9月)→自民党総裁任期満了(9月)→衆院議員任期満了(10月)という重要日程が順次来ます。いずれも政権の命運を左右するスケジュールです。コロナを収束させ、オリパラを成功させて解散総選挙という政権の基本戦略が絡んでいるので、政治家の都合上も容易でない判断が続きます。「五輪は政権の浮揚にもつながる」という俗説は割りと政界では信じられているところがありますが、コロナ禍は日本だけではなく、世界各国が苦しむ巨大な課題です、まずはコロナ対応でしょう。
国も東京都もJOCも、今の首脳部から撤退論は出てこないと思います。海外観光客の見送りは当然のことです。後は無観客にするかどうかでしょう。今も人数制限をかけたうえでスポーツの試合は開催されています。無観客という選択肢を残しつつ、ギリギリまで判断を延ばすと思います。ただ、全豪オープンテニス並みの感染症対策を五輪全体でするのは大変です。パラリンピックはさらに大変です。難しい判断が続くでしょう。全豪が参考になるのは、早め早めのアナウンスと、感染対策ファーストという揺るぎない姿勢、それと透明性です。日本の組織の有り様からは、あのような状況がつくれるかどうかは心許ないです。
日本国内や世界の感染者の状況を考えると、やむを得ないと思います。

ひとつ気がかりなのは、オリ・パラに向けたテスト大会で、東京・有明で5月に開催予定だった体操のワールドカップが中止になったことです。予選も兼ねていた大会だったので、本選出場に向けた選考を競技団体がどう考えるか、今後の焦点です。

体操は去年秋に東京でコロカ禍では初の国際大会を行いました。それだけに、今回のテスト大会中止は、世界の感染状況が依然深刻な状況にあることを示していると思います。
海外観客見送りは当然として、無観客開催か有観客かの線でしょう。いずれにしろ開催に向け準備を進める姿勢を支持します。
開催賛成の前のめり層と、反対という縮み層との分断をどう収めるのかが気がかりです。21年の経済成長率予測が米欧中や世界平均に比べ日本がかなり低いのも、縮み層の厚さが効いていると感じます。五輪を逃せばその空気を換える機会が見当たりません。
まあ日本人は普通のスポーツイベント並みに入れてなんの問題もないでしょう。外国人だってワクチンの接種証明とかあれば別に入れて良いと思うんだけどね。まあ何もやらない方がいい派の意見の方が今は通りやすいので無理だろうけど。
海外から観客を受け入れなければ感染リスク(特に変異株)の点ではかなり軽減されるはず。むしろ、なんの対策もせず、ダラダラ緊急事態宣言を解除できない要因になっている東京都にムチを入れるとともに、前から色んな方々が仰っている病床数の問題を解決してもらえると、開催の道は開けてくるのではないか、と思います。

最悪、観客席を無観客にすれば、そんなにボランティアや医師の待機も不要でしょうし。

オリンピック、やりたいなら感染症対策にもっと金とやる気を入れてください。
やるんですか?
都民、国民の半分以上が望んでいないのに。
ニッポン沈没。
政府、IOCは、何を考えている?
少しでも放映権料を取りたい?今でも毎日人が死んでいるんです。誰もそれを言わないのは、悪です。罪です。
妥当な判断。

Bリーグなど国内スポーツが今まさに有観客で興行をしていることが活きてくる。あとはどのくらいの制限を設けるかの議論だとは思う。国内スポーツが出来て、海外観客無しのオリンピックが出来ないという理屈は無い。

選手団の規模はそんなに大した数ではなく、アスリートとしての最善のコントロールをすれば問題無し。多少の辞退はあれど、オリンピックでの活躍次第で英雄扱いされる国も多くあり、人生かかってる選手が多数なので海外アスリートも出場はしたいと考えているでしょう。

無観客が最低限のスタートラインで、あとはどのくらいの制限をかけて観客を入れられるかの話になる。
そりゃ海外観客は無理だろうと。選手など、オリパラのため水際対策を緩和する「アスリートトラック」(アスリート用東京オリパラ準備トラック)の対象者だけでも膨大な人数になる。

オリパラ関連大会に出場する日本人選手(海外調整中の日本人も多数)
外国人選手
選手に随行しそのコンディション調整等に不可欠な者(監督、コーチ、トレーナー、練習パートナー、スタッフ、ドクター、パラアスリート介助者等)
IOCや大会関係者(審判、国際競技連盟、各国競技団体、大会の準備・運営上必要な契約関係者、技術者等)

しかも、大会だけでなくリハーサル、事前練習会、強化試合や合宿などなど、事前準備も大変。

さらにスポンサー、メディア関係者にはこれに当てはまらないので14日間自主隔離など必要なはずだが、この数も膨大。
海外観客受け入れに伴う経済効果と感染拡大リスクを天秤にかければ、致し方ないと思います。