新着Pick
300Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
単純に、コンテンツ量が多く、また好きなタイミングで観れるなら自然な流れかと思います。
テレビのドラマやバラエティを配信プラットフォームで観る人も増えており、限られた数のものをリアルタイムで見るには、その方が面白い何かがないと厳しい時代に。
(スポーツや、生放送の会見、半沢直樹を同じタイミングで見て友達とやりとりしたい等)

放送後に配信やネット展開する番組も増えていますが、そもそもがネット前提の作られ方もあるので(尺の感覚、画づくり含め)そこも見据えた制作が必須に。

ちなみに、制作者としては作ったものがリアルで見てもらえないと二度と人の目に触れられないのは悲しいので(まだ殆どがここ…。)過去のものも含め正規のものとしてネットで見られる時代が来ると有難いです。(そもそも、全てが結線されるとネットの定義も広過ぎますが…)
我が家もネット視聴時間が増えていますが、子どもが小さいこともあり、Eテレは今も変わらずよく観ています。「デザインあ」「ピタゴラスィッチ」「ららら♪クラシック」「シュガー&シュガー」「100分de名著」「昆虫すごいぜ」「植物の生存戦略」などなど、他にはない、大人も楽しめる意欲的な番組が多いです。
今後もEテレにはオリジナリティあふれる番組を頑張って作り続けて欲しいですね。
以前知り合いの方が「YouTubeでずっと包丁を砥ぐ動画を見てるんですよ」と言っているのを聞いたとき,これは流石にテレビはカバーできないなぁと思ったのを思い出しました.同様に自分の体験としては,子どもが小さい頃,仮面ライダーのベルトのレビューをしてる動画とかを見まくっていたのですが,この需要も絶対にテレビではカバーできないなぁと.
つまり,人々の興味は本来かなりバラけているのに対して,これまではテレビという少ないチャンネルしかコンテンツがなかったので,みんなそちらに合わせていたのが,多様なコンテンツが供給されるようになったことで,本来の自分にあったコンテンツに流れていっているという.

一回スマホで見られるようになりさえすれば,年齢とか関係ないですからね.好きなコンテンツに流れるのは自然なことかと.
興味も多様化しているし、時間の使い方も多様化している。さらに興味のあることを深く知りたい、関連性のあるものを知りたい。そうしたニーズはYouTubeなどが適しているのでしょう。
このところのテレビを見るとコロナの影響でできないことも多いからか同じタレントが割と同じような内容で展開されているのも一因では?

企業の広告がネット上に流れているのもこうした現象を捉えた結果かと。

私もYouTube時間圧倒的に増えました。企業のお客様向けコミュニケーションもYouTube活用マストになってます。
50代以上のネット利用時間がテレビ試聴時間を上回ったとのこと。YouTube、TikTokが特に利用時間を伸ばしています。

アメリカだと数百のチャンネルがあり質など重視されますが、国内でのチャネルの選択肢は限られています。

自分が好む内容を選べるのでネット利用がこれからも増えていくと思います。
何が厄介かって
インターネットという虚構にまみれた世界にそこまで慣れてない年代が平気で陰謀説を信じてしまうということですよね
陰謀説を唱える方も非常にうまくて、「真実を言ったら消されるからぼかして言います」とか「真実を言ってるから広告はがされた。寄付してくれ」とか。。。
こういうのにホイホイと引き寄せられてしまう人の多い事
印象操作の度合いでいうとネットの方が極めて質が低いコンテンツがゴロゴロしているうえに倫理観なにそれおいしいのレベルの金もうけ主義者が多いのも事実でしょう
40代なのですが、本当にTVを観る事が激減しました。第三者の伝え方とか評価が今や広告となり、個人的には伝え方、表現力や言葉の選び方とかとても参考になります。自身の世代なんかよりも全然若い方々の表現力や発信力に感心しています。そんなコミュニケーションを損なわないでイノベーションやダイバーシティ含めて応援したいし、僕もYouTubeしようかなとか思う今日この頃です。
タイトルと調査内容にややズレがあるので補足です。
(誰かが何処かでタイトル鵜呑みに使って大変なことにならないようにw)

基本的に同調査の結果を精緻に見ると、
 ・1日あたりの利用時間はネットが0.1時間TVを上回る
 ・YouTube利用時間は大幅伸張
 ・とはいえTVは頻度などで依然首位

https://markezine.jp/article/detail/35652

YouTubeは傾向として伸び続けているので正しいですが、YouTubeに一気にシフトしたニュアンスではないですね。


一方で、気をつけておくべきは、同調査の母集団。
マクロミルはオンライン調査です。

よって前提として、ある程度普段からデジタルな50代であり、世の中標準としてよいかは差し引いて考えてもいいでしょう。

この調査にはそもそもデジタル音痴は回答なんてしないのです。

内容へのコメントでなく恐縮ですが、ややタイトルのキャッチー過ぎさが気になって見たので、誰かの参考になれば幸いです。
若年層はネット、中高年層はテレビという時代は、すでに過去のものになっているという調査結果。変化のティッピィングポイントは超えた。メディアのあり方や、情報流通の枠組みは、ここから加速度的に変わる。
「TVよりネット」はミスリードを生むと感じる。
テレビという媒体は廃れないのでは無いか、もしくは形を変えて生活に溶け込み続けると思う。
生活空間の中心にあり、他者(家族や友人、恋人)と同じコンテンツを同時に肩を並べて見ることができる体験は極めて価値の高いものに感じる。
問題はコンテンツ。
地上波に代表されるマス向けのコンテンツである必要はないのかもしれない。そういう意味でNetflixやAbemaに代替される可能性は確かにある。

業績