新着Pick
63Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
政府内での調整に阻まれ、大胆な政策転換が実現してこなかったのが気候変動対策です。COP25でのスピーチが歯切れが悪いと評価されたのも、環境省に決定権限がなく、日本としての方向性が一致していなかったことが背景にあるでしょう。

しかしながら、SDGsやサーキュラーエコノミーといった新たなゲームが欧州でどんどん打ち出され、日本でもそれに何とか食いつこうとする動きが官民問わず出てきました。この機運を逃さず、掴みきってほしいですね。

小泉大臣は目立つので批判されやすいですが、そのおかげで?環境行政への注目度がかつてないほど上がっている気がします。
気候危機宣言(それを受けての多くの自治体の脱炭素宣言)、石炭火力発電の不支援原則、レジ袋有料化等々、着実な実績を挙げてこられた大臣に期待しています!
これまで担当じゃなかったんですか...
かつて総理にしたい政治家No.1、その後バッシングの嵐。そしていまこうした雑音が無い中、小泉進次郎大臣は着々と実績を積み重ねている。まさに思うところだろう。
気候変動も、政治家も、数字と実績をベースに判断しないと判断ミスで結果がでません。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
小池百合子の二の舞を防ぐため、ただのプレゼンのうまさ、人当たりの良さだけでなく、専門知識量や意思決定基準を注視したいですね